スマートウォッチのセンサーをパーキンソン病診断に活用するアップルの特許が公開

米国公開公報20190365286

「Apple Watchの向かう先はやはり"医療"。パーキンソン病検出の特許が公開」というニュースがありました。

スマートウォッチなどのウェアラブル・デバイスの重要な応用の一つが医療健康分野であることに異論がある人はいないでしょう。常に身につけているデバイスであることから、センサーによる定常的なデータの収集が可能であり、従来は不可能であったソリューションが実現できます。たとえば、Apple Watchの心拍センサーを心臓病の治療に役立てる取り組みなどがあります。

当該特許の公開番号は、20190365286号、発明の名称は”Passive tracking of dyskinesia/tremor symptoms”(運動障碍/震えの兆候の受動型追跡)、公開日はつい先日の2019年12月5日です。公開のみで権利化されたわけではありません。米国特許庁からの実体的な通知はまだ出ていません。また、現時点では米国以外での出願は確認されていません。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2019年12月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事4本)

2019年12月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ