小学6年生発明の特許を解説する

特許6614690号公報

「小6が異例の特許 手伝い中に考案"洗濯バサミ収納具"」というニュースがありました。その内容を簡単に見てみましょう。ところで、記事中には「市によると、小学生の取得はとても珍しいという。」と書かれていますが、今年の7月には、小学校5年生が「ペットボトル分別装置」の特許を取得しています(参照記事)(こちらも時間があったら内容を解説します)。

さて、今回の特許は、6614690号です。発明の名称は「洗濯バサミ収納具」です。出願日は今年(2019年)の3月29日ですが早期審査を請求することで迅速(11月15日)に特許登録できています。出願人が未成年なので、ご両親が法定代理人となり、当然ながら弁理士がその代理人となっています。

このアイデアは、2018年10月に行なわれた「平塚市児童生徒創意くふう展」での発表がベースになっています。過去においては、出願前に発明者本人が発表してしまうと(特定の学会等での発表でない限り)それにより新規性がなくなって特許取得ができなくなってしまったのですが、今では発明者自身の公表から1年以内であれば救済措置があり特許化可能です。すなわち、発表してみて評価が高ければそこで初めて特許出願を検討するというプロセスが可能になりました(ただし、海外での権利化を考えると発表前に出願できるならしておくべきなのは変わりありません)。

この発明の目的は、洗濯バサミを容易に収納でき、取り出しやすい収納具を提供することです。明細書では、この問題に対応した過去の特許文献が2件紹介され、その課題(収納手順が煩雑等)が指摘されています。このように過去の類似発明を調査して、その課題を抽出し、出願の発明でその課題を解決できるという構成にすることが特許化を狙う上ではきわめて重要です。

発明はとてもシンプルです。タイトル画像の図面で説明すると、箱状の本体(11)の内部に棒(3)が付いており、洗濯バサミの穴の部分がこの棒を通るように上から入れます。箱のサイズを適切に(大きすぎず小さすぎず)設計することで、洗濯バサミがくるくる回転することなく、開口部(6a)から取り出しやすい向きに落下します。洗濯バサミの向きを揃えるために補助的なガイド(13)を使ってもよいとされています。また、下図のようなバリエーションも記載されています。

特許6614690号公報
特許6614690号公報

特許請求の範囲の請求項1の記載は以下のとおりです。

【請求項1】

基台と、中心軸体と、落下姿勢規制部と、中心軸体に挿通された洗濯バサミを取り出す開口部を備えた取り出し部とを有し、

(a)前記中心軸体が基台の平面に対して縦方向に設けられ、

(b)前記落下姿勢規制部が、洗濯バサミの力点部に力を加えると支点部を中心にして作用点部が互いに離反するように回動するその洗濯バサミにおける前記作用点部と前記支点部との間に形成される洗濯バサミの空間部に前記中心軸体の上部が挿通する状態になるように中心軸体に洗濯バサミを装着した場合に、中心軸体の上部から基台の平面に向かって洗濯バサミが落下するときに、前記洗濯バサミの前記力点部となる部位が前記開口部に向かうように洗濯バサミの落下姿勢を規制することを特徴とする洗濯バサミ収納具。

上記で簡単に説明したことを、正確に、かつ、権利範囲ができるだけ広くなるように抽象化して、文章で再現するとこんな感じになるわけです。一般に物の構造に関する発明を正確、かつ、権利が広くなるようにクレーム作成するのは難しいですが、とても上手なクレームドラフティングだと思います。ベテランの弁理士先生と見受けられますが、明細書全体にていねいな記載ぶりで勉強になります。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。