ローマ字で自分の名前を書く場合に気を付けたいこと

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

「外相、日本人名のローマ字表記も"姓→名"の順で」というニュースがありました。

河野外務大臣は、東京オリンピック・パラリンピックといった国際的な行事が控える中、各国の主要な国際報道機関に、日本人の名前のローマ字での表記について日本語と同じ『姓』『名』の順番とするよう求める考えを示しました。

ということです。

これ自体に異論はないのですが、強制というわけではなく、今まで通り「名→姓」の表記も使われると思うので、外国の方にとっては日本人の名前表記で(よほど有名な名前でない限り)どっちが姓でどっちが名なのかがわからないという問題が生じ得ます。

大昔になりますが、取引先の日本企業経由でその海外本社に飛行機のチケットを手配してもらった時に、現地担当者が姓と名を逆に入力してしまったことで、成田で発券できず一悶着したことがありました(当時から中国の人等は「姓→名」で表記することもあったので、現地担当者が混同したと思われます)。

このような問題を防ぐために、少なくともメール等では、KURIHARA Kiyoshiと言ったように、姓を全部大文字化して表記する慣習があります(特にアジア圏においては一般化していると思います)ので、この機会に周知してもよいのではないかと思います。

さらに言うとメールのシグネチャで、女性の場合には、たとえば、KURIHARA Hanako (Ms.) のような表記をしていただくと、返信の時にMr.かMs.か迷わなくてすむのでありがたいです(アジアや東欧圏だと文字面だけでは女性か男性かさっぱりわかりませんし、西欧系の名前でも男女両方に使われる名前もあるからです、事前にFacebook等で顔写真がチェックできればよいのですが)。アジア圏の弁理士先生で、てっきり男性かと思ってメールでずっとMr.で呼んでいた人が、リアルで会ったら女性だったのでびっくりしたことがありました。かと言って、メールであなたは女性ですか男性ですかと聞くのもちょっと失礼です。また、ジェンダーフリーという観点から言えば、男性の場合でもKURIHARA Kiyoshi (Mr.) のように表記した方がよいのかもしれません。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

専門家の知識と情報で、あなたの生活が変わる