「にゃんこスター」と「にゃんごすたー」の商標問題について

出典:特許情報プラットフォーム

にゃんこスターなるお笑いグループがキング・オブ・コントに出場し、優勝こそできなかったものの注目を集めたようです(参考記事)。私も、たまたま今朝の「スッキリ!」で見ましたが、面白いかどうかは別として(笑)勢いはあると思いました。

さて、「にゃんこスター」という名前から青森の黒石市のドラムを叩くゆるキャラ「にゃんごすたー」を思い出した人も多いでしょう。実際、検索エンジンで「にゃんこスター」で検索すると「にゃんごすたー」優先で検索されてしまったりします。両者を間違える人はたぶんいないと思うのですが、注意すべき点は「にゃんごすたー」は今年の6月に商標登録(第5953045号)されているという点です(権利者は「中の人」だと思われますが、ここでは触れないでおきます)。

「にゃんごすたー」の商標登録の指定商品はタオル類や被服類なので、現時点で「にゃんこスター」の芸能活動に商標権の観点から影響が出ることは考えられません(商品や役務(サービス)が非類似なら商標権侵害にはなりません)が、将来的に「にゃんこスター」が売れて関連グッズの販売などがされるようになると「にゃんごすたー」の商標権侵害の可能性が出てきます。

けしからん訴えろレベルの話では全然ないですが、老婆心ではあるものの一応話は通しておいた方がよいのではと思います(もし、既に内々で話してますということだったらすみません)。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

専門家の知識と情報で、あなたの生活が変わる