オノ・ヨーコによる「ジョン・レモン」騒動は今回だけではなかった

(写真:ロイター/アフロ)

「"ジョン・レモン"の飲料名は商標権侵害、オノ・ヨーコさんが抗議というニュースがありました。「レノンさんの名前をもじった"ジョン・レモン"の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、法的措置も辞さない姿勢を示し(中略)これを受け、飲料メーカーは銘柄名を"オン・レモン"に変更することに同意した。」ということです。訴訟には至らず和解で終わったようです。

John LennonとJohn Lemonが商標として類似するかという問題、また、実はJohn Lemonの方が先に商標登録されていたという問題はあるのですが、商標権だけではなく不正競争防止法的な話にもなると飲料メーカー側は必ずしも有利ではありませんので、争うよりも和解を選んだものと思われます。

この機会にJohn Lemonという商標の登録状況を欧州連合知的財産庁(EUIPO)が提供する商標データベースTMViewで調べてみました。誰でも思いつくネタなので、それなりの数が登録(または出願)されています(39件ヒットしました)。下の図は登録の抜粋ですが、一番上にあるのが今回問題になったポーランドの飲料メーカーの登録です。

画像

注目すべきは、ハイネケンのスペイン法人による登録があるということです(上の図では一番下)。1997年の出願なので結構歴史ある商標です。オノヨーコはこれには文句を言わないのかと思いましたが、サーチするとやはり今年の2月に訴訟していました(参照記事(スペイン語))。なぜかスペイン語でしかニュースになっていないのですが、ハイネケン側が5年間以上にわたり商標を使用していなかったので登録が取消になったようです。

今後、オノヨーコ氏が他の国でも同様のアクションを起こすことも考えられます。日本では今のところJohn Lemonは商標登録されていませんが、この名称のパロディ商品等を売っているとクレームが来る可能性はあるかもしれません(なお、日本では1992年よりオノヨーコ氏がジョンレノンの商標登録をがっちり押さえています)。

出典:J-PlatPat
出典:J-PlatPat

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ