島野製作所対アップルの特許訴訟はアップルの全面勝利で終結

アップルの部品サプライヤーの小規模企業、島野製作所がアップルを電源プラグのピンの構造に関する特許権の侵害で訴えていた件については、以下のように過去に何回か書いています。

既に島野製作所側の勝ち目はない状態だったのですが、先日公開された無効審判の審決取消訴訟の判決文により、島野側はほとんどの主張が認められることなく敗訴した(特許権の無効が再確認された)ことがわかりました。最高裁に上告できないことはないですが、もう道は閉ざされたといってよいでしょう。

一般に、日本では、特許訴訟の原告(権利者側)の勝率が低い(3割程度)と言われており、特に個人や中小企業が原告で大企業が被告というパターンですと権利者側の勝率は1割以下です(ソース:知的財産推進計画2015)。とは言え、実際には原告有利で和解することもありますので、中小企業または個人が大企業を訴えてもまったく無駄ということはありません(個人発明家がアップルから(日本の事例としては)巨額の賠償金を勝ち取った例もあります(参照過去記事))。要は特許がどれくらい強力かです。

今回は、アップルが使用している部材(導電性のキノコ型押付け部材)と元々の特許発明で中心になっていた部材(絶縁性の球状部材)が違いすぎたので、今にして思えばちょっと無理筋の訴訟だったと言えます。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ