音楽著作権管理団体ASCAPのブロックチェーン・プロジェクトについて

出典:ASCAPウェブサイト

米国の大手音楽著作権管理団体のひとつであるASCAPがブロックチェーンを活用したプロジェクトのプレスリリース(ASCAP, SACEM, And PRS For Music Initiate Joint Blockchain Project To Improve Data Accuracy For Rightsholders)を出しています。

フランスの著作権管理団体SACEMとイギリスの著作権管理団体PRS For Musicと共に、ブロックチェーンを使った新システムを構築するという発表です。IBMの協力のもとに、オープンソースのHyperLedger Fabricのブロックチェーンを使用するようです。

ブロックチェーンを何に使うかというと、レコーディング(音源)の国際標準コードISRC(International Standard Recording Code)と音楽作品の国際標準コードISWC(International Standard Work Code)の連携を管理することを(少なくとも当面の)目的としているようです。

楽曲コードと音源コード間の連携を正確に取るという目的自体は重要と思います(ライセンス料の正確な分配に不可欠です)が、ここで生じる疑問は「なぜそのためにブロックチェーンが必要なのか?」ということです。現在使用しているであろうRDBMSにコード間の対応を示すテーブルを追加すれば済む話ではないでしょうか。

もし、既存のデータの非一貫性や品質問題を解決したいという話であるとするならば、それはデータ・クレンジング・ソフト(と多大な手作業)で解決すべき問題であり、ブロックチェーンは直接的には関係ありません(どういうデータ保管テクノロジーを使うかではなく、どういうデータを保管するかの話です)。

普通にRDBMSで解決すればよい話にわざわざブロックチェーンを使おうとする「ブロックチェーン言ってみたいだけちゃうんか」案件がたまに見受けられますが、(プレスリリースから判断する限り)これもそのひとつのように思えます。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

専門家の知識と情報で、あなたの生活が変わる