JASRAC、第二審でもファンキー末吉氏に勝訴

いらすとや

元爆風スランプのドラマ-、ファンキー末吉氏が経営するライブハウスの著作権使用料支払いに関するJASRACの裁判の一審判決でJASRACが勝訴したことは既に書きました

その裁判の知財高裁での第二審の判決文が公開されていました。要旨も公開されていることから、知財高裁としても社会的に影響が大きい裁判ととらえていたのではないかと思われます。

内容的には再びJASRAC側のほぼ全面勝訴です。賠償金額は、算出前提の変更により300万円弱から500万円弱に増額になってしまいました。裁判の内容は特に新しい論点や証拠があるわけでもなく一審とほぼ同じです。既に書いたように、1.演奏主体の問題(いわゆるカラオケ法理)、2.自分の作品の演奏は著作権侵害ではない、3.無過失、4.JASRACとの調停により許諾済、5.権利濫用等が論点になっており、裁判所の判断もほぼ同じで、末吉氏側の主張はほとんど認められていません。

要旨には、1のカラオケ法理の話が中心に書かれていることから、知財高裁としてはこれが最も重要な論点と考えていたのではないかと思います。

ライブハウスを商売として経営している以上、演奏行為の主体とされ、著作権使用料の支払い義務が生じることは、判例の積み重ねもあり、やむをえない結論と思います。そもそも、前も書きましたが演奏の主体はライブハウスではなく出演ミュージシャンであると主張すること自体が、訴えるなら店ではなくてミュージシャンを訴えろということなので訴訟戦術としては筋悪だと思います。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「令和の振り飛車」、穴熊攻略ならず。勝負を分けた「トーチカ囲い」の距離感遠山雄亮9/25(金) 11:14
  2. 2
    NHKの朝ドラは戦争をどう描いてきたか  〜『エール』では音楽と戦争の関わりを 過去の作品では?木俣冬9/25(金) 8:15
  3. 3
    どうなる!?『キングオブコント2020』ラリー遠田9/25(金) 5:00
  4. 4
    永瀬拓矢王座(28)王座戦五番勝負第3局で久保利明九段(45)に攻めきって勝ち初防衛まであと1勝松本博文9/24(木) 21:00
  5. 5
    福岡から才能溢れるアーティストが続々と誕生する理由 〜地元FM3局同時パワープレイyonawoの躍進ふくりゅう9/25(金) 0:36
  6. 6
    羽生善治九段、藤井聡太二冠を破って王将リーグ白星発進。勝負を分けた「歩の手筋」遠山雄亮9/23(水) 11:13
  7. 7
    『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』でさんざん泣いた後で考えた事飯田一史9/23(水) 13:00
  8. 8
    さようなら、ニンテンドー3DS 「不運」だった携帯ゲーム機河村鳴紘9/22(火) 10:00
  9. 9
    「プレイステーションX」マイクロソフトとソニーの提携から推測する近未来ゲームハードの可能性黒川文雄9/24(木) 9:30
  10. 10
    「そう思われたら、おしまい」。「I Don't Like Mondays.」YUが語る覚悟中西正男9/24(木) 10:00