クラフトワークという名前の充電器を作った企業が本家クラフトワークに訴えられる

KickStarter

ドイツのイーツェレロン(eZelleron)という会社がライターのガス等で動作する燃料電池ベースのモバイル充電器をKraftwerkという商品名でキックスターターに出品(当該サイト(いずれ名称変更になるかもしれません))したところ、著名テクノユニットKraftwerkのリーダーであるラルフ・ヒュッター(Ralph Hutter)氏に訴えられるという事件がありました(参考記事(英文)

ラルフ・ヒュッター氏本人が米国で所有するクラフトワーク関連商標は3件ありますが、そのうちの1件がこちらです。なお、USPTOのサイトもわが国よりはましであるとは言え、一部レガシーが残っており、商標検索データベースであるTESSには固定リンクが(たぶん)張れません。しかし、審査状況データベースであるTSDRには固定リンクが張れますのでこちらを使いました。

ついでに、PACERで裁判情報を検索してみると、さすがに、ラルフ・ヒュッター氏を原告とする裁判は1件しかなくすぐみつかりました。せっかくなので、訴状(COMPLAINT)をアップしておきます。Kraftwerkが世界的に著明な音楽ユニットの名称であることを主張した上で、商標権の侵害、不正競争、商標の希釈化を根拠に差し止め等を請求しています。一般的な内容ですが、商標権侵害については、おそらくKraftwerk側にモバイル充電器での使用実績がないこと(米国では日本等と異なり商標登録があっても商標の使用実績がないと商標権が発生しません)から「音楽プレーヤーの充電にも使用されることから音楽家のKraftwerkとの誤認混同を招く」とちょっと苦しい主張になっています。

これに対して、この商品は一種の発電機なのでKraftwerk(ドイツ語で「発電所」)という名称を付けるのは当たり前(商標権は及ばない)という主張もあるようですが、”power plant”という名称ならまだしも、米国において一般消費者がKraftwerkと聞いて発電所を想起することは想定しがたい(ドイツのテクノユニットを想起する人の方がはるかに多い)ので、ちょっと厳しいのではないかと思われます。

上記のとおり、Kraftwerk側にも苦しい点はあるのですが、イーツェレロン側としては、キックスターターで勝負を賭けている時に、裁判での争いに費用と時間と経営者の体力を使うのはどう考えても得策ではないので、できるだけ良い条件で(できれば無償で)和解して、別の名称を付けてやり直しということになるのではないかと思います。

製品としては(安全性面での課題はあるでしょうが)魅力的なので、別の名前で成功することを期待しています。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。