ダイソーで売っているLightningケーブルに関する追加情報

ちょっと前に書いた「ダイソーで売っているiPhone用Lightning充電ケーブルとアップルの特許について」は結構注目を集めたようです。私もこのケーブル2本買って外出時のモバイルバッテリー用としてかばんの中に入れておくことにしました。こういう予備用・非常用として自己責任で使う分には実に便利だと思います。

さて、その記事では「設計・製造は中国企業だと思う」と書いたのですが、その後に情報を提供してくれる人がいて、日本企業が設計開発した製品であるということがわかりました。また、Appleの特許権の回避についても、ひょっとして「コストカットのために片面専用にしたら結果的にAppleの特許権も回避されてしまった」という可能性もあるかなと思ったので断定を避けていたのですが、どうやら意識的に特許権の回避を狙っていたこともわかりました。

また、このケーブルのパッケージには「意匠取得済」(ママ)と書いてあるのですが、これも中国で意匠登録出願したという意味か(中国の意匠制度は無審査主義なので出願すれば登録されます)と思っていたのですが、パッケージの裏に総輸入販売元として書かれている(株)ホライズンの名義で、日本国内において本製品関連と思われる意匠登録が行なわれていました。

画像

さらに、同社名義で、このコネクターの構造に関すると思われる実用新案登録も行なわれていました(第3191624号)。考案の効果は「特表2013-532351号公報(注:AppleのLightningコネクタの公開公報)に差し込んで使用できるコネクタを安価に提供できる」点とされています。

自分は利害関係者でも何でもないので、これ以上のコメントは差し控えますが、結構、いろいろ考えてやっているのだなと思いました。某バイラルメディアでは「ダイソーすごい」みたいな書き方をしてますが、ダイソーはあまりすごくなくて、すごいとすればコネクターを設計した会社の方だと思います。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ