DMMニュース(記事の元ネタは週刊新潮)経由で知りましたが、安室奈美恵と独立問題でもめている所属事務所が「安室奈美恵」を商標登録出願(その後、取り下げ)という(ちょっと既視感のある)事件があったそうです。芸能系の話は専門家にお任せして、本記事では商標権と芸名の関係について考えてみましょう。

「安室奈美恵」の商標はかばん類、貴金属アクセサリー等のファッション製品では既に登録されています。これは、たとえば、レディーガガ・ブランドの香水等と同じように、アーティストの名前をブランドとして展開するというよくある戦略です。

今回出願されたのは、芸能活動に直接関係ある「歌唱の実演」等の役務(サービス)を指定した商標です。

上記記事中にもあるように、商標法では、他人の氏名や著名な芸名等を含む商標はその他人の承諾がなければ登録されないと規定されています。そもそも安室奈美恵は本名なので、今回の新出願は安室奈美恵さんの承諾がなければ登録されません。上記記事中には所属事務所は商標登録出願を取り下げたと書いてますが、特許庁の記録上はそのような履歴はありません。しかし、いずれにせよ承諾書を提出しなければ取り下げたのと同じことになります。

そもそも、仮に、「歌唱の実演」を指定した「安室奈美恵」商標が登録され、安室奈美恵さんが独立したとしても、旧事務所が「安室奈美恵」商標登録に基づいて安室奈美恵さんが芸能活動を行なうことを差止めることはできません。

第一に、商標とは、商品や役務の出所を示す標識ですが、少なくとも日本では歌手名は役務の出所とは扱われないというのが特許庁の解釈です(弊所参考ブログ記事)。したがって、たとえば、安室奈美恵のコンサートのチラシに書かれた安室奈美恵の名前は商標と解釈されない(ゆえに商標権の効力は及ばない)可能性が高いです。

仮に上記の解釈が覆ったとしても、商標法では、商標権の効力は、自己の氏名や著名な芸名を普通に用いられる方法で表示する商標には及ばない旨の規定もありますので、旧事務所が「安室奈美恵」商標登録に基づいて安室奈美恵さんが芸能活動を行なうことを差止めることはできないでしょう(一方、既存の登録商標に基づいて安室奈美恵ブランドのバッグ等の販売等を禁止することはできます)。

さらに、先使用権(商標登録出願の前に既に著名になっていた商標には商標権の効力が及ばない)の規定もありますので、独立後に安室奈美恵の名前を使わせないために所属事務所がこれから商標登録出願を行なうのはまったく意味がないことになります。

そういうえば既視感の元のひとつになっている「加護亜依」商標登録事件ですが、今調べてみると「加護亜依」の商標自体は旧所属事務所の登録が残っているのですが、今年になって新所属事務所が不使用取消審判を請求しており、「歌唱の上演」等の芸能活動に直接関連する一部役務について取り消そうとしているようです(詳細は特許庁にいって資料を閲覧しないとわかりません)。

しかし、前述の理由により、取消するまでもなく、加護亜衣さんが普通の芸能活動をする上で「加護亜依」の名前を使う分には法的には何の問題もありません。ただ、現実問題としては、興行主等に商標権者が「”加護亜依”の商標権は弊社が所有している」旨の「警告書」を送ると、たとえ、法的に根拠がなくても興行主は面倒を避けるために興業をキャンセルしてしまうなどの事態があり得るので、念のためということなんでしょう。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    早熟のスーパールーキー藤井聡太七段(17)棋聖と王位は挑戦までそれぞれあと2勝 ダブル挑戦の可能性も松本博文6/1(月) 7:25
  2. 2
    スマホ版「ラブプラス」も終了へ ガチャ一辺倒でスマホゲーム“屍の山”河村鳴紘5/30(土) 10:30
  3. 3
    遅咲きのオールドルーキー今泉健司四段(46)五段昇段まであと2勝 6月1日連勝で達成の可能性あり松本博文6/1(月) 5:06
  4. 4
    苦労人・今泉健司四段(46)五段昇段の一番を「二手指し」の反則負けで落とす松本博文6/1(月) 17:06
  5. 5
    国民的人気を博した「早慶戦」とは何なのか 朝ドラ『エール』で描かれた早慶戦の知られざる背景堀井憲一郎5/31(日) 19:50
  6. 6
    政治家に必要なのは地盤か、世渡りか、信念か。混迷する今の日本に強烈に響くドキュメンタリー。監督に聞く斉藤博昭6/1(月) 8:17
  7. 7
    真木ひでと 3つの時代を駆け抜け、ジャンルを変え、50年以上歌い続ける稀代のシンガーの現在地田中久勝5/31(日) 12:33
  8. 8
    警察への抗議暴動でタランティーノの映画館も被害に猿渡由紀6/1(月) 7:30
  9. 9
    元名人・佐藤天彦九段(32)と神童・藤井聡太七段(17)6月2日、棋聖戦本戦準決勝で対戦松本博文5/26(火) 5:58
  10. 10
    外出自粛で急増のNetflixで人気の『梨泰院クラス』とは…韓国での評判は?慎武宏4/18(土) 11:35