新型コロナ禍で車検は7月1日へ再伸長決定。ただ自賠責保険の扱いが難解

写真/筆者

2月28日以後に車検切れとなる車両については有効期間が伸長され6月1日まで有効となっていたけれど、本日さらに国交省からリリース出て、7月1日まで伸長出来ることになった。最長で3ヶ月間伸ばされることになる。大手メディアなどでは報じられていないが、自賠責保険(強制保険)についていえば期限延長の対象外。すなわち6月30日以前に期限切れを迎えるなら、手続きが難解だ。

・国交省のQ&Aも難解

一般道を走行する車両は必ず自賠責保険に入ってなくてはいけない。もし期限切れで走行していれば『無保険運行』ということになり、一発免停の6点+1年以下の懲役または50万円以下の罰金になる。今回は新型コロナ禍の特例措置として、延長手続きをすることなく効力を発生するとされた。そもそも大半の人が車検の中に自賠責保険が含まれると認識しているんじゃなかろうか。

自賠責保険、被害者救済という目的のため、今までの判例を見ると悪質な行為を除き、万一期限切れになっていても支払われる。ましてや今回のような特殊な事情があれば、とりあえずいいでしょうということです。ちなみに国交省や警察の関係者に問い合わせてみたら、どちらも「任意保険の方は延長を忘れずお願いします」。任意保険は期限切れになったら何の救済措置も受けられない。

・特例でそのまま使えるとある

ただし。仮に4月10日で自賠責保険切れだったとすれば、6月に車検を取ったとしても自賠責は4月11日に遡って加入しなければならないという。自賠責保険は基本的に車検期間の24ヶ月加入となる。車検期間伸長分の自賠責保険を支払わなければならない。一番好ましいのは営業中の民間車検施設(ディーラーも含む)も多いので、普通に車検更新を行うことだ。

そもそも車検は安全確保のために行われるもの。安全のためにも期限内に受けておきたい。