来年行われるラリージャパン、世界に日本の良さを発信出来ると確信しました!

写真/ラリージャパン運営事務局

追記・パン屋さんの件、本当の状況が判ってきたので修正させていただきました。

先週末のセントラルラリーは来年開催されるWRCジャパンの予行演習的な位置づけだった。トラブルなく運営すること以上に「課題を確認する」ことが重要だったと思う。実際、いろいろありました。例えばSS5のキャンセル、当初「規制区域にあるパン屋さんが警察呼んだため」と聞いた。同じコースを朝のSSで使ったのだけれど、通りかかった時にパトカーが来ていて大声出してる人も。

・SSとはスペシャルステージ。競技区間のこと

この場所に居た観客に聞くと、パン屋さんはお客さんが自分の店まで来られると説明されていたのにオフォシャルから「通れない」と言われたそうな。後で解ったのだけれどパン屋さんは規制区域外にあった。なぜパン屋のさんのお客さんが来店できなかったのかは、担当オフィシャルに聞いてみたけれど教えてくれなかった。誰が悪いということより、対策をキッチリ立てることが大切だと思う。

東名の事故でラリー車も渋滞に巻き込まれる/写真筆者のコドライバー
東名の事故でラリー車も渋滞に巻き込まれる/写真筆者のコドライバー

ちなみにSS5のキャンセルはパン屋さんの問題じゃなく、東名高速で事故が起きて大渋滞発生。スケジュールに遅れが出たためらしい。2日目の最後のSSもスケジュール遅延で使う林道が真っ暗になってしまいキャンセルとなったけれど(補助灯無いと危険だという判断)、事前に補助灯を用意させておくことによりクリア出来る。夜のラリーなんて当たり前ですから。

課題の確認を含め素晴らしいラリーだったと思う。今まで日本のラリーのSSって”山の中の普通の人が見えない場所”で行われてきた。一番上の写真を見て頂きたい! 集落の中を走っちゃってる! 沿道に住んでいる方も、どんなことをしているのかよ~く解ることだろう。私のチーム員が集落の中に住んでいる何人かの人に聞いたら「これが毎年行われるなら楽しみだし、人も来てくれそうです」。

沿道で手を振ってくれる人が多かった/写真筆者のコドライバー
沿道で手を振ってくれる人が多かった/写真筆者のコドライバー

考えて欲しい。見通しの悪い山の中だとラリー車だって一瞬で通り過ぎるため見にくい。平坦地のある集落の中の道なら長い時間見られる上、キャンプ場だって作れるし、屋台も出せる。土地を持っている人なら臨時駐車場をやってもいい。WRCが来なければ、昨今の日本のどこにでも見られる「これといった産業無く高齢化している地域」です。素晴らしい町&村興しになることだろう。

何より嬉しかったのはリエゾンで(一般道を走る移動区間。ゆっくり走ります)手を振ってくれる人がたくさん居たこと。小さい子供連れや、車椅子の老夫婦、農作業の合間に手を振ってくれる人、お孫さんを連れたお爺さんとお婆さんも多かった。「頑張って~!」と可愛い声で応援してくれる小学生や、若い女性とかも。来年やってくるWRCドライバーも驚くと思う。

至る所に観客が/写真筆者のコドライバー
至る所に観客が/写真筆者のコドライバー

リエゾンの賑わいが世界に発信されたらステキだ。WRCジャパンは「富士山が見えるワケでもなく、これといった特徴が無いんじゃないか」と言われているが、リエゾンの観客の盛り上がりや美しい日本の風景で大きな話題になると思う。WRCジャパンは3年契約。回を追う毎にお祭りになっていくことだろう。10年続いたら、世界で最も観客の多いイベントになりそうな気がします。

地域住民の中には午前と午後のSSでそれぞれ3時間程度道路を閉鎖するご不便をお掛けすると思う。その間、住んでいる方が急病など発生したなら医師を派遣することも出来るし、緊急搬送必要なら救急車を通すことだって可能。むしろ課題などあれば遠慮無く意見を言ってくれたらいい。また、ラリーファンは温厚な人が多いので、地元の人も歓迎してくれると思います。