週末にやってくる台風19号は危険。ガソリン満タン&当日は高台の駐車場に!

発電機+ガソリン+インバーターの停電パック/写真筆者

今週末の12~13日に掛けて台風19号が日本列島にやってくる。正確な進路は不明ながら、日本やアメリカ、ヨーロッパの進路予想に共通するのは、1)最大級に強い台風であり、2)九州~房総半島の間の日本列島に上陸しそうだということ。驚くのは最低気圧で、900hPa程度まで下がる予想も出ている。また、形が円に限りなく近いため、台風15号のように相当の風が吹くことだろう。

ただ台風は予想出来ない地震と違い、ある程度の準備が出来る。今までの台風被害など考えながら”備え”をしておくことをすすめたい。ということでまずは「燃料満タン」だ。千葉県を襲った台風15号の時も、通過後ガソリスタンドに長い列が出来て入手難になった。被災後の避難や物資調達のためにもクルマは必要。複数所有しているなら、全てのクルマを満タンにしておくこと。台風接近時は混雑するため早めに。

もし自動車から家電製品用のAC100Vを取ろうとするなら、事前に「インバーター」という機器を用意しておくと便利。シガーライターに繋ぐだけで150Wくらいの電力を引き出せる。150Wあれば小型の液晶TVなら映るし、LEDの照明であれば家の中を普通に明るく出来ます。使用時エンジンは掛けておくこと(ごく短い時間ならエンジン掛けなくても使えるがバッテリー上がるので注意を)。

ハイブリッド車はエンジンが掛かったり止まったりしながら、ガソリン無くなるまで数日間電力を供給可能だ。また、100Vのソケットが標準装備されているハイブリッド車やPHVもあり、その場合、エアコンや冷蔵庫まで稼働可能な1500Wの電力を供給出来てしまう。大量の電力を貯めておける電気自動車や燃料電池車も素晴らしい電力供給元になるため(しかも無音のため近所に迷惑を掛けない)心強い。

ちなみにネット販売でインバーターを探すと多数出てくるが、必ず「正弦波」というタイプを購入すること。「疑似正弦波」ではTVや精密機器を使えない。5000円程度出せば買えるため、1つ持っていて損はないと思う。被災してからだと入手難になるから、今日明日にポチっておくと週末までに届く。そうそう。ガソリン携行缶を持っているなら20Lくらい備蓄しておくのも手。

台風襲来時は風と雨の備えをしたい。周囲と比べ低い土地は当然ながら冠水の可能性出てくる。グーグルアースなどで標高をチェックし、少しでも高い場所に駐めておくこと。暴風による飛来物のダメージも心配。風の方向を考える(風上に頑丈な建設物などがあればベスト)ことも重要。とにかく被災しても満タン&無事なクルマさえあれば何とかなります。