アルボンがレッドブルに昇格! フェラーリは休み明け『スペック3』投入へ

写真/レッドブル

ガスリーがレッドブルからトロロッソに”降格”となった! ガスリーのリザルトを考えたらチームとしては直ちに交代でもおかしくなかったかもしれない。オーストリアGPからハンガリーGPまではレッドブルの温情だと思っていいだろう。残念ながらそれに応えられなかった。あまりに自分が強すぎたと考えます。私はレッドブル・ホンダがオーストリアGPで初優勝した時の記事で以下のように書いている。

--------------------------

レッドブルのセカンドドライバーであるガスリーは、トロロッソのクビアトとの交代が現実の問題になってきた。ここにきてガスリーは成績の低迷をシャシのせいだと言い始め、エイドリアン・ニューウェイに意見することも。ガスリーはトロロッソに居るときからそういった人間性だと評価されており、それをチームもホンダもプラスに捉えていた。しかし相方のフェルスタッペンは結果出してます。

・引用した記事

まずは同じ車両に乗る相方と同じタイムを出してから文句言えっていうのがモータースポーツの世界だ。しかもレッドブルのホームサーキットであるオーストリアでフェルスタッペンが素晴らしい走りを見せレッドブルホンダにとって初勝利! ハンガリー終了後から始まる1ヶ月の夏休みに交代となる可能性大きくなってきました。この話題で夏休み前の3戦は盛り上がるかもしれません。

--------------------------

意外だったのはクビアトと交代じゃなくアルボンだったこと。実績からすればクビアトだと考えるが、チームとしちゃ伸びていく”早さ”を重視した? アルボン、生まれはイギリスながら、お母さんがタイ人。お父さんイギリス人です。『レッドブル』発祥の地であるタイと少しは関係あるのかもしれません。いずれにしろ東洋系のドライバーがF1のTOPチームのシートをゲットしたのは近年無し!

夏休み明けのベルギーGPがどうなるか大いに楽しみとなってきた。ちなみに夏休み明け、フェラーリも『スペック3』となるパワーユニットを投入してくるそうな。ホンダの『スペック4』が15馬力アップに対しフェラーリはもう少し上がるようだ。ここで重要なのが絶対的なパワーもさることながら、ドライバビリティ。ホンダのパワーユニットはここにきてトルク特性が大きく改善されている。

フェラーリのパワーアップ分がホンダを超えていたとしても、ピークパワーだけということなら十分戦えると考えていい。一方、レッドブルも得意とする空力を一段と磨き込んでくることだろう。ちなみにホンダの『スペック4』は休み明けのベルギーでなく2戦目のイタリアになるようだ。ベルギーでフェラーリの『スペック3』と同等に戦えたら、イタリア以降はメルセデスが目標です!