台風の停電に備え沖縄の離島は安価な中古の電気自動車を活用したらどうか?

写真/筆者

台風9号が沖縄に接近する可能性出てきた。台風や地震など自然災害が発生した際、民間人だと困っている人を適切なタイミングで直接支援することは難しい。なんか手は無いかと考えてたのだけれど、今回先手を打ってみようと考えた。御存知の通り沖縄の離島は台風などで普通に停電する。リーフを持っていった座間味村の阿嘉島はすでに前回の大きくない台風で停電した。こうなると不便です。

長い停電だと冷凍庫の食料溶けたり、窓を閉め切るから室内で熱中症にかかることだってある。もちろんTVが見られないから情報も入りにくい。携帯の充電すら困ります。そんな話を聞く度に「電気自動車があればなぁ」と考えていた。今年リーフe+で電気自動車レースをやっていて話をする機会のある日産の電気自動車担当にそんな話をしたところ「リーフから電源を取る機器を貸しましょうか」。

 下側がパワームーバー/撮影筆者
下側がパワームーバー/撮影筆者

写真に出てるこの機器、60万円以上するため、気軽に買う気になれません。一方、リーフはオークションで知人に中古で安いヤツを探して貰えそう。ここにきて流通価格はジワジワ上昇中。3~4ヶ月乗って手放しても実損は10万円くらいで収まるだろう。だったらやってみましょうか! となった次第。被害に遭ってから援助するのは難しいけれど、被害に遭った時に使えるモノなら事前に準備しておける。

40年前から訪れている前出の阿嘉島の『マリンリンク』というダイビングショップに「台風シーズン使ってみませんか?」と聞いたら「面白そうですね~」。やはり停電多いのだろう。こちらが企画した意図をすぐ解ってくれました。準備完了し、中古リーフ(2011年式の初期型)を阿嘉島に持って行く。もし台風の時に有効であれば、離島に住む人にとって良い相棒になると思う。

阿嘉島といえば「マリリンに遭いたい」のシロ/撮影筆者
阿嘉島といえば「マリリンに遭いたい」のシロ/撮影筆者

災害にしか使えないグッズと異なり、電気自動車は平時も離島に取ってメリット多い。短い移動の多い使い方主体をしても(阿嘉島の場合、港との往復で2km)30円程度の電気代で5kmくらい走る。電力効率を追求したため断熱ガラスも使っているなど、エアコンの立ち上がり早い。離島こそ電気自動車にとって最適だと思う。電力を引き出す装置もコストダウンすれば10万円くらいになるだろう。

参考までに書いておくと初期型の中古リーフの価格は40万円程度から。登録しても50万円程度。満充電航続距離が100kmに減っていても、離島なら全く問題無い。安価な電源引き出し装置を用意したら、平時はガソリン車より圧倒的に安価な運行コストの移動手段になり、災害時は静かで強力な電源供給装置として使える。なにより自動車の技術が人助けになれば嬉しい。