不協和音が出始めていたレッドブルホンダながらホームで初優勝!

写真/HONDA

開幕戦でイキナリ3位表彰台に上がるなど、絶好調のスタートを切った2019年シーズンのホンダF1ながら、その後の「伸び」に欠けている。表彰台の真ん中も時間の問題だと思われていたため、関係者一同不満を募らせ始めた。加えて昨年「レッドブルと険悪な関係になったルノー」&「ホンダと険悪な関係になったマクラーレン」が上り調子なことも不満を醸成する大きな要因。現在何が起きているのだろうか?

まずホンダ。今シーズン開幕時から使われている『スペック1』と、今季最後に投入する『スペック5』の出力差は40馬力程度らしい。フランスから投入された『スペック3』までで半分の20馬力くらいだと言われている(スペック3は7~8馬力の向上だと言われてます)。この計画はレッドブルも当初から承知していることだろう。そしてホンダは計画通りのスペックアップを、信頼性を損なうこと無く実行してます。

ホンダとしては順調だと考えているに違いない。一方、レッドブルからすればトラブルだらけだったルノーより、ホンダの方がずっと良いと開幕時に考えていた。パワー不足をシャシでカバーする計画です。しかしシーズン始まってみたら得意分野のシャシ設計で出遅れていていたと判明。空力の天才と言われるアイドリアン・ニューウェイも急遽本腰を入れ改良を始めたが、現時点で顕著な効果出ていない?

写真/HONDA
写真/HONDA

ここはレッドブルも認めているところ。だからフランスGPまではホンダにパワーアップのリクエストを出していなかった。しかしスペック3を投入したあたりから雰囲気変わりつつある。トロロッソとレッドブルの実力差が出てきたからだ。開幕からずっとトロロッソはレッドブルに肉薄しており、ガスリーなど抜かされることすらあったほど。しかしフランスもオーストリアもトロロッソはルノー勢にやられ気味。

すなわち「レッドブルの空力改善は相応の効果が出ているからメルセデスやフェラーリと互角に戦えている。目立った空力の改善を行っていないトロロッソはパワーアップしているルノーに追いつかれた」ということです。実際、ルノーもパワーユニットのアップグレードをしており、ホンダに勝るとも劣らない出力向上をしているのだろう。なかでもマクラーレンの戦力向上は顕著。

と言う状況を見てレッドブルは改めてホンダに「壊れるリスクを背負ってもなんとかならないか?」。この流れを受けたホンダだが、どうやら「難しい」と返事をしたようだ。というのも今シーズンの開発体制、ホンダにとって背水の陣。出来ることはすべてやっているのだった。出力と破壊との関係もベンチテストでハッキリ解っている。ホンダとしてはすでにギリギリのリスクを取っているワケ。

もちろんわずかな余力を残しているだろうけれど、レッドブルが考えているよりずっと厳しい状況でパワーユニットを使っているということ。ホンダが出来るのは、スペック4とスペック5を前倒しにして投入することくらいだと思う。ホンダのホンネは「シャシがもっとポテンシャルあると考えていた」です。レッドブルの空力的な失敗を読んでおらず。この問題、解決策はあるのだろうか? 

スペック3の2倍程度の出力アップになるとレッドブルに伝えているスペック4を、前倒ししても夏休み明けのベルギー(9月1日)に間に合わせるのが精一杯。夏休み前の3戦についちゃホンの少ししか無いマージンを削ってまでパワー出すかどうか大いに悩むところだろう。レッドブルの大きな改良もベルギーになりそうだ。小さい改良を続け、フェラーリとの表彰台争いをするしかない。

その間は、広報戦略が重要。不協和音出ていることを書かれて話題にするのもF1ファンからすれば興味深いかもしれないし、この機会にパワーユニットとシャシの課題についてじっくり説明するのもいいと思う。両陣営にとってスポークスマンの実力の見せ所か? 楽しませて欲しいです。昨年までのマクラーレンvsホンダや、レッドブルvsルノーのような気分の悪い足の引っ張り合いは見たくない。

そうそう。レッドブルのセカンドドライバーであるガスリーは、トロロッソのクビアトとの交代が現実の問題になってきた。ここにきてガスリーは成績の低迷をシャシのせいだと言い始め、エイドリアン・ニューウェイに意見することも。ガスリーはトロロッソに居るときからそういった人間性だと評価されており、それをチームもホンダもプラスに捉えていた。しかし相方のフェルスタッペンは結果出してます。

まずは同じ車両に乗る相方と同じタイムを出してから文句言えっていうのがモータースポーツの世界だ。しかもレッドブルのホームサーキットであるオーストリアでフェルスタッペンが素晴らしい走りを見せレッドブルホンダにとって初勝利! ドイツ終了後から始まる1ヶ月の夏休みに交代となる可能性大きくなってきました。この話題で夏休み前の3戦は盛り上がるかもしれません。