高齢者の運転ミスをカバーするクルマ、85万円で販売可能

安価で安全装備が付くミラ・イース 写真/ダイハツ

自動ブレーキやペダルの踏み間違い防止装置などを備えた高齢者用の免許で乗れる車両、果たして技術的に可能なのか? はたまた新車で買うといくらくらいになるか考えてみました。現在、最もコストパフォーマンスという点で最も理想に近いのが、ダイハツの『ミラ・イース』である。価格はステレオカメラを使った『スマートアシスト3』付きで消費税別84万円から。

すでに必要最小限の自動ブレーキ(車両だけでなく歩行者も検知して自動ブレーキ)と前方に壁など障害物のある時はアクセルを踏み間違えても飛び出さないシステムが付いている。第一段階の高齢者限定車として考えるなら、このクルマに50km/h程度しか出ないようにする速度リミッターと、アクセルを強く踏んだ時にパワー絞る機能を加えれば十分だと考えます。

速度リミッターは制御コンピューターを書き換えるだけのため簡単でコスト増無し。アクセルをブレーキだと思って強く踏んだ時に備え、キックダウンスイッチ(普通は強く踏むとギアダウンして加速をよくするスイッチ)を加速のために使うのでなく、アクセル戻すために使えばいいだろう。つまり84万円のままで高齢者が運転ミスしても安全なクルマを作れると言うこと。

このクルマなら、池袋の事故も福岡の事故も、死者を出すような被害を与えなかったと思う。現在のミラ・イースであっても速度リミッターを50km/hにしておけば、自動ブレーキで減速させられる。次の段階として自動ブレーキの機能強化を行いたい。具体的に言えば、自動ブレーキの停止速度を引き上げることと、標識に対しても稼働するようにすることの2点です。

現在、スバルのステレオカメラは赤信号を認識している。もちろん一時停止や進入禁止の認識なども可能。今は自動ブレーキ制御を行っていないけれど、国交省さえ認可してくれれば停止させることが出来る。ミラ・イースで言えば、現在使っている簡易なステレオカメラをワンランク上のセンサー(日産の軽自動車デイズが採用している高性能カメラ)にバージョンアップすればよい。

調べてみたらミラ・イースのステレオカメラと日産デイズの高性能カメラとのコスト差は販売価格で1万円程度らしい。つまり85万円で「運転ミスをカバーし赤信号で自動的に止まるクルマ」を販売出来ると言うことになる。現在乗っているクルマからの乗り換えなら下取り査定と補助金、任意保険の割引(事故が減るため)など行うことにより、大きな出費無く乗り換えられると思う。

また、ここにきて軽自動車より小さい超小型車を高齢者用にしたらどうか、という意見も出ているが、自動ブレーキなど安全装備を付けようとしたら軽自動車より安く作れないと思う。加えて他のクルマに衝突された時に乗員を守るエアバッグや安全な車体構造だって確保出来ない。当然ながらエアコン無し。それなら乗り慣れた軽自動車に速度リミッターを付けた方が安全だろう。