大津の事故、自動ブレーキがあれば防げたか?

大津の事故「ブレーキ踏んでいれば止まれた。飛び込んだクルマも悪い」という意見が少なくない。確かに思い切りブレーキを踏んでいたら手前で停車出来たと思う。ただ結果論だと考えます。人間、本当に衝突しそうになった時の対応は、経験上3つある。1つ目は急ブレーキ。以前、日本最高レベルのレーシングドライバーだった人の隣に乗っていた際、飛び出してきた車両が!

どうするかと思ったらブレーキだけでした。おそらくブレーキで速度落とすのが総合的にダメージ少ないと身に染みているんだと考えます。もちろんわずかでも考える余裕あれば、ハンドル切ったりブレーキ掛けたりという回避操作はできる。ただ本当に余裕無くなったら、上級者ほどブレーキなんだろう。私も何度か同じような体験をしたけれど、やはりブレーキだけでした。

2つ目はハンドルで避けるケース。これ、本能的なものだと考えます。何度も危険な目に遭っているとブレーキを掛けられるようになるが、危機感の無い運転をしてるドライバーは急ブレーキを掛けられない。自動車メーカーも事故の解析で十分ブレーキを踏んでいないと解り、だからこそブレーキアシストが付けられるようになった。今回62歳の女性なので、急ブレーキは難しい?

3つ目が何も出来ないケース。パニックになってしまい、ブレーキもハンドルも切れなくなる。2020年に死亡事故者ゼロにしようとしているボルボの安全担当者は「事故を解析すると何の対応もしていないケースがあります。寝ているときなどもそうです」と言っていた。4つ目の可能性としては1回目の衝突で乗車姿勢が乱れ、ブレーキを踏めないという状況になるかもしれません。

また「自動ブレーキなら対応出来た」みたいに言う人もいるが、自動ブレーキは対向してくる車両を見ていない。もし対向車でブレーキ掛けてしまうと、カーブ区間など対向車を検知してブレーキ掛ける危険性出てくるからだ(真正面から衝突するケースのみホンダの一部車種とレクサスLS、新世代のボルボが急ブレーキ制御を入れている)。今回の事故状況、自動運転でも相当難しい課題です。

私は道路環境や施設で対応すべきだと考えている。かといって全ての歩道を強固なガードレールでカバーしようとしたら、経済的に難しい。そんな予算を確保出来ないからだ。一番現実的な対策は道路を作る際、適正な位置に横断歩道を設定することだと思う。グーグルのストリートビューを見て頂ければ解る通り、横断歩道の場所は交差点内にある。本来なら横断歩道をもう少し奥側にすべきだと思う。

写真/グーグルストリートビュー
写真/グーグルストリートビュー

今回の事故、左側の低い縁石と向こう側の縁石の間(横断歩道だ)をクルマが抜けてきた。右直事故では容易に考えられる突入コースです。信号機の向こう側に横断歩道を作っておけば、今回の事故現場だって写真にある縁石や信号機などで相当の防御が可能。道路を作るときに対策することにより(10m程度交差点から離すだけです)危険度を大きく引き下げられる。コストだって掛からない。

この機会に小中学校や幼稚園、保育園の関係者は近隣の歩道をチェックしていただきたい。危険だと思われる箇所はとりあえず通らないようにし、同時に警察や地元議員さんなどに横断歩道の場所やガードレールなどの対策をお願いしたらいいと思います。今回のような痛ましい事故、嘆くだけで済ませてはならない。次の悲劇を起こさないようにするのが社会の役割だと考える。