茨城県のランクル盗難事案、リレーアタックより防御が難しいコードグラバーを使ったか? 

本来、スマートキーの複製にはキー付属のコードが必要ながら‥‥

先日茨城県で発生したランクルの盗難事件、もうTVなどで解説してしまったので紹介すると、おそらく『コードグラバー』という本来ならスマートキーを紛失した時のスペアキー作りに使う道具でクルマを盗む『コードグラビング』という盗難手口だと考えていい。26日にも書いた通りリレーアタックにしては時間が掛かりすぎるし、キーの位置も遠すぎると考える。

リレーアタックとの違い(26日の記事)

スマートキーから出る電波は微弱なため、高性能アンテナを使ってもホテル3階の奥側の部屋にあるスマートキーをキャッチすることなど難しい。加えてリレーアタックならモタモタせず、瞬時にエンジン掛けて乗って行けてしまう。今回残された防犯動画のノーカット版を見せてもらったら、けっこう長い時間掛かってます。明らかに違う手口だ。

バールなどでドアロックをこじ開け、OBD2のカプラーに機材(PCなど)を繋げてエンジン掛ける『イモビカッター』という手口も考えらます。4年くらい前から使われている最新のイモビライザーなら破られないようだけれど、それ以前のクルマだと使い方に慣れた窃盗グループだと数分でエンジン掛かってしまう。ただ強引にドア開けたらアラーム鳴る。

コードグランピングならアラーム鳴らさずドアロックを開けられ、数分でエンジン掛けて普通に運転出来るようになるから恐ろしい。私は窃盗グループと全く接点無いため確認出来ないけれど、コードグランピング使えばどんなクルマでも盗めてしまうようだ。ただしリレーアタックと違い、少し時間掛かる。逆に考えたら問題はそれだけだ。

コードグラバーもイモビカッターも、本来ならスマートキーを紛失した時の使うモノ。良い人達が管理下で所有していなければならない。ピストルなどと同じ武器だ。これを売買、または所有していることを犯罪行為として取り締まらない限り、いたちごっこは続く。「普通のキーに戻せば良い」という意見も出るけれど、その方が盗むのは簡単だ。