ゴーン容疑者、依然取締役のポジション。保釈されたら日産に戻ってきます。西川社長は?

写真/筆者

御存知の通りゴーン容疑者もケリー容疑者も日産の取締役のままである。速やかに解任させたいなら臨時株主総会を開く必要あります。もし臨時株主総会が開かれる前に2人保釈されたらどうなるだろう。裏切り行為を含め烈火の如く怒って臨時取締役会を開くんじゃなかろうか。その際、あれだけゴーン容疑者に罵詈雑言投げた西川さんどうする?

世界中の価値観で裏切り行為を「許そう」というのは少数派だと思う。日本だって裏切りモノは忠臣蔵のように討たれてしまう。ゴーン容疑者にとって西川さんは側近中の側近だった。だから社長にしたのである。裏切り行為を受け、ゴーン容疑者が「Mr,Saikawa、留守の間ご苦労だったね」はあり得ないと予想する。

もちろんゴーン容疑者が何らかの罪で起訴される可能性は高い。フランス政府も続投は諦めることだろう。ただゴーン容疑者が取締役でいる間、様々な手を打ってくるに違いない--といったことを考えても、今回のゴーン容疑者の逮捕劇が日産のクーデターじゃないということが解るだろう。そもそもクーデターなんか出来ない枠組みです。さて。ゴーン容疑者保釈のX Dayはいつ?

早ければ12月10日ながら、さすがにそれは無いと思う。もし10日に保釈されたら12月17日と言われている日産の新会長選任に決定的な影響を与えることだろう。この臨時取締役会に2人とも出席しますから。10日に再逮捕され12月30日になったとしたって、新年早々臨時取締役会を開く可能性大。裏切った西川社長はここで怒髪天状態のゴーンさんと対峙することになります。

逃げることも出来まい。何よりその後の日産がどうなっていくのか、全く予想出来ない。ただルノー優位で進むことは避けられない状況にあると考える。