レッドブルと組む来期のホンダF1、すでに半分成功確実か?

写真/HONDA

今シーズンからトロロッソと組んだホンダF1は、客観的に評価すると目立った結果を残せなかったように見える。けれどホンダ側からすれば、マクラーレン時代と全く違うシーズンになったという。ホンダF1のスポークスマンに話を聞いてみた。

「振り返るとこの1年は地味ながらホンダF1にとってはとても前向きなシーズンでした。マクラーレンホンダ時代についた傷を癒し、再び前を向く雰囲気になりました」。表に出た具体的な動きとしては以下のあたりがポイントだったという。

・ バーレーン/モナコ/ハンガリー/鈴鹿(予選)で好結果を得られたこと

・ プレシーズンテスト/シーズン序盤で確実な信頼性の進歩を見せられたこと

・ スペック2、スペック3投入時に、パフォーマンス面で外からわかるだけの向上を見せられたこと

・ 周囲の期待値/注目度が高いと言えないトロロッソとパートナーシップを組めたので考える余力が出来たこと

・ トロロッソおよびドライバーのホンダに対する気遣いと敬意

・ ラテン特有の明るく前向きな気質により築かれたチームの友好的な雰囲気をメディア/ファンが好感したこと

当然ながら課題もたくさんあるという。実際、小さいものから大きなものまでシーズン中にしばしばトラブルが出ていたそうな。「パフォーマンスのみでなく信頼性面でもまだまだトップチームに届いていないのが実情です。ただ昨年より回数が減っており、トラブルも事前/事後に発見できているので、走行中にマシンを止めることがほとんどありませんでした。良いイメージに繋がっているのかもしれません」。

続けて「来年同じ事をしていたら応援して頂いている皆さんに言い訳できないので信頼性面で詰めていかなくてはいけないことも多いと考えています」。良いニュースはパワーユニットのポテンシャル向上のアイデアがいくつかあるらしいこと。少なくとも今シーズンはライバルチーム(メルセデスとフェラーリ)より向上幅が大きかった。レッドブルに搭載した時の性能に期待したい。

ホンダ内の空気も大きく変わり始めている。山本モータースポーツは「今シーズンからホンダとしての攻めるべき点が見えてきました」とインタビューで答えている。エンジニア達の自信も昨シーズンまでと明らかに違ってきたとのこと。

「開発プロセスに関しても、ホンダの各部署から技術陣が入ってアイデアを練るなど、総力戦になってきています。実際に出来てきているものを見るとホンダと言う会社の底力を感じます。ホンダらしいなと思える技術や考え方が様々な部分に出てきており、その部分でも、確かに前進を感じ取ることが出来たシーズンになりました」。

もしかすると来年のプレシーズンテストからひと味違うホンダを見せてくれるかもしれない。何度も何度も期待し、その度にガックリしてきたホンダファンながら、やっと笑顔になれるかもしれません。