トヨタ、WRCフィンランドで絶好調! ワン・ツーの可能性も!

写真/トヨタ

WRCフィンランドでトヨタを駆るタナックの今期2勝目が見えてきた。2位とのタイム差39秒と大きく、最終日のSS(競技区間)は45.72kmと短いため表彰台の真ん中に立てる可能性大。しかも今期何回も不運に見舞われているトヨタのエースドライバー、ラトバラも2位を猛追しており5.4秒差の3位。1位と3位だった昨年のフィンランドを凌ぐリザルトを残せるかもしれない。

今年のフィンランドは木曜日の夜に市内で短いSSを行い、金曜日の朝から本格的な競技が始まった。金曜日は獲得ポイントの多いドライバーからのスタート順になり、路面のホコリでグリップ悪く不利。実際、最初のSSは1番手スタートとなるヌービル(ヒュンダイ)9位。2番手スタートのオジエ(フォード)7位に沈む。そんな中、3番手スタートのタナックが見事ベストタイムをマーク!

チーム総代表の豊田章男社長も現地入り/写真トヨタ
チーム総代表の豊田章男社長も現地入り/写真トヨタ

その後も有利な11番手スタートのオストベルグ(シトロエン)と激しいバトルを繰り広げるものの、金曜日終わってみたらオストベルグに5.8秒差を付け1位! こうなると金曜日の成績が悪い順からスタートする土曜日は、非常に有利な路面を走れる。ということで朝からライバルを圧倒する5連続ベストタイムを獲得! 途中からペースダウンすると、今度はチームメイトのラッピがベストタイムを連発!

終わってみたら39秒の大量リードを奪った上、全てのSSでトヨタがベストタイムを記録した。ちなみにライバルだってフィンランドに向け、改良を行っている。今期ポイントTOPのヌービルを走らせるヒュンダイは目立った速さを見せていないが、王者オジエを走らせるフォードはリアの空力パーツをトヨタそっくりに大変更。シトロエンも走り込みを行いフィンランドで素晴らしいポテンシャルを発揮中。

リア形状はトヨタそっくりになった/写真Mスポーツ
リア形状はトヨタそっくりになった/写真Mスポーツ

それ以上に頑張ったのがトヨタだ。チーム本拠地のある地元だけに、入念なテストを行ってきた。加えてヤリスWRは高速コースに強いという特徴を持っているため、アベレージスピードの高いラリーで良いリザルトを出す。WRCで最も速度の高いフィンランドで速いのは十分うなづける。最終日もこのままのペースで走りきれると考えていいだろう。とはいえ終わるまで解らないのもラリ-です。

1. O. タナック    2:13:18.2   

2. M. オストベルグ  2:13:57.2  +39.0

3. J. ラトバラ    2:14:02.6  +5.4

4. E. ラッピ    2:14:38.8  +36.2

5. H. パッドン    2:14:47.8  +9.0

6. T. スニネン    2:15:03.3  +15.5

7. S. オジエ    2:15:25.8  +22.5

8. E. エバンス    2:15:36.1  +10.3

9. C. ブリーン    2:16:14.6  +38.5

10. T. ヌービル   2:16:52.7  +38.1

・ラリー終了。タナック優勝。オストベルグ2位。ラトバラ3位となりました