燃料電池車MIRAI、プリウスより安いリース料金を打ち出す

燃料電池車がお買い得に!/筆者所有のミライ

驚いた! 燃料電池車MIRAIと言えば、高額な上、納期の長い特殊なクルマというイメージ。そういった認識が定着してしまったためだろう。今や売れ行きも落ち着いてしまった。トヨタとしてはせっかく開発した燃料電池車に少しでも多くの人が乗って欲しいということから、突如4年リースの残価設定を50%にしてきたのである。723万円のMIRAIなら、361万5千円払えばよい。

普通のクルマなら361万5千円+諸費用ということになるのだけれど、MIRAIの場合、補助金を使えるから嬉しい。今年度の補助金は国会の混乱により確定していないものの、仮に昨年度と同じになると202万円。東京など水素ステーションのある地域の場合、さらに101万円が上乗せされ、303万円になる。この金額、当然のことながら361万5千円から引かれ58万5千円+諸費用に!

私がMIRAIを購入した東京トヨペットの井荻店で見積もりを頼むと「昨年と同じ補助金が決まった場合、毎月の均等払いで2万4100円になります。総額で115万円ほどで、これはプリウスよりずっと安いです。4年後の車両の状態ですが走行4万8千kmまで負担ありません。車両の損傷減額も150点以内なので、前後のバンパー破損+ドア1枚に大きなキズを受けた程度までOKです」。

こんな素晴らしい条件なのにトヨタはなぜ宣伝しないのだろう? トヨタに聞いてみたところ「当初MIRAIは長い納期だったため、皆さんにご迷惑を掛けました。現在納期も普通のトヨタ車と同じになり、カラーによってはすぐ納車可能になっています。しかもインパクトのある支払額にしたため、これまた今まで購入して頂いたお客様を考えると気が引けます」。

その他、依然として生産可能台数が限られているため、宣伝すると今度は売れすぎてまた納期待ちになるという事情もあるらしい。確かに宣伝を始めたら、作りきれなくなってしまうだろう。適当な台数を売るというのは難しい? いずれにしろ間違いなくお買い得だと思う。4年というリース期間もちょうど良い。終わる頃には一段と優れた性能を持つ次の燃料電池車が出ている。

ちなみに水素ステーションも増えており(2018年5月現在で東京/埼玉/神奈川/千葉県に37箇所)、それほど困ることもなくなってきた。満充填するのに約3分。航続距離は300kmを超えるため、関東圏内で使うなら十分だ。何より静かだし、クルマもトヨタ車の中で一番乗り心地良く快適。新しい技術好きや、企業PRにはピッタリだと思う。