軽油を軽自動車に入れてしまうトラブル。この時期になると増加

この時期に増えるのが、軽自動車に軽油を入れるという間違え。新社会人になってクルマを買ったり、レンタカーを使ったりするなど、新しいクルマと出会うケースも出てくる。今や大半のガソリンスタンドがセルフになっているため、自分で油種を選ばなければならない。そこで『軽油』を選んでしまう、ということ。例えばJAFは2015年12月の1ヶ月間で入れ間違えの救援依頼が269件あったという。

ちなみにガソリンエンジン車に軽油を入れた場合、タンクに残っていたガソリンの量によって”症状”が変わってくる。タンクに3分の1のガソリンを残した状態で軽油を満タンにしたら、スタンドから出た直後は燃料系にガソリンが残っているため始動も可能。走り始めて数キロでエンジンがグズり始め、パワーを失い停止してしまう。流れの速い幹線道路や夜間だと事故に遭う可能性も出てくるから怖い。

半分残っている段階で満タンにした場合も、基本的に同じだと思ってよかろう。走れる距離が少し増える程度になるだけ。高速道路に入ってしまうケースも出てくるだろうから、むしろ深刻。こうなるとタンクに入っている軽油を一旦抜かないとならず、簡単に対応出来ない大きなトラブルを引き起こすことになる。スタンドで軽油を満タンにしてしまうと、基本的に止まると考えていい。

2~3リッター入れた段階で気づいたらどうか? 私が自動車雑誌の編集担当だった頃、こういったテストを行ってみたが、2~3リッターであれば何の問題も無かった。これは自動車メーカーの軽自動車エンジン担当者に聞くと「少量であれば壊れることは無いと考えます。ただし公式な答えはすぐガソリンスタンドのスタッフに申し出てください、ということになります」。

同じようなトラブルとしてディーゼルエンジン車にガソリンを入れてしまうというケースもある。こちらも状況は同じ。混ざった量によって症状は異なるものの、入れた直後は走る。そして混入したガソリンの割合が多ければ必ず止まってしまう。さらに深刻なのは、ガソリンの比率が高いとエンジントラブルを引き越すこと。燃料を入れ替えただけでは済まない。ぜひ御注意を!