最新の安全装備を持つレクサスが暴走。なぜ?

現時点で最もレベルの高い安全装備をフルに装備している新型レクサスLSが200mほど暴走した後、商店に突っ込んだ。なぜ停止しなかったのか? 何件かメディアから問い合わせもあったので解説してみたい。新型レクサスに付いている安全システムだけれど二つ。まず壁など障害物が目の前にあった場合、アクセル全開にしても飛び出さない装置。

もう一つが前方に停止している車両や歩行者などいたら判定し、自動でブレーキを掛けるというもの。今回、二つとも機能しなかった。理由はシンプル。両方とも今回のような状況をカバーしていないからだ。前者の「障害物が目の前にあった時」のシステムでいえば、今回暴走を開始したと言われている「前方に障害物の無い普通の道」では稼働しない。

単にアクセル全開だけを拒否すると高速道路の流入のような強い加速を受け付けなくなるからだ。したがってこの機能は前方の近所(せいぜい3m)くらいの場所に壁や車両、人、ガラスなど障害物なければ稼働しない。

また、普通の走行程度のアクセルを踏んでいる程度なら、前方に人や車両を発見した場合、自動ブレーキを掛けに行く。けれど今回はアクセルとブレーキを踏み間違えたようだ。この状態で自動ブレーキが働くとなれば「No」である。こういったケース、ドライバーはブレーキ踏んでいると思っているためアクセルを強く踏む。

こうなると自動車側はドライバーが意識してアクセルを踏んでいると判定。自動ブレーキはキャンセルされる。これを「オーバーライド」という。自動ブレーキが稼働する状況でアクセルを強く踏み込むと、アクセル優先になるのだ。自動ブレーキが誤判定し、普通に走っているときにブレーキ掛かった時のための対策である。

また、自動ブレーキは車速50km/hまでしか自動停止しない。今回アクセルを戻したとしても、それ以上の速度だと停止出来なかったろう。レクサスLSには高度のEDR(エアバッグが展開した時の前後を記録しているデータレコーダー)が付いているため、衝突時の速度やアクセル開けた量を記録しているだろう。すでに警察が詳細なデータを持っていると思う。

こういった事故を防げるか? 防ぐ方法はある。アクセルとブレーキの踏み間違いは、通常だとあり得ないほど強い強いチカラでアクセルを踏んでいる。こういった時だけアクセル操作をキャンセルすればいい。技術的には簡単なので早く対応していただきたい。