首都高トンネル10時間通行止めは人災だった。国交省は猛省を!

首都高の中央環状線で10時間も動けなくなるという事態が発生した。キッカケは1台のトレーラーである。出口の登り坂でスタックし、動けなくなったというもの。単純に考えると「たった1台でなぜ10時間?」。状況を分析した結果、明らかに首都高速道路の管理ミスだと判明した。事実上の通行止めで滞った物流は、食料品不足まで引き起こす。次の雪までに早急な対応策が必要だ。以下、説明したい。

そもそも雪が降ればスリップすることなど容易に予想可能。しかも首都高で対策しなければならないような「要注意箇所」は10カ所も無し。今回スタックした場所など代表格である。だったら雪の降り始めから凍結防止剤を撒き、さらに砂など持たせた要員を配置しておけばよい。それすら「面倒でやりたくない」というなら、スリップしやすい上り坂の出口だけ閉鎖すればいい。これなら簡単だ。

100歩譲って、スタックした後でも対応は可能。人力で解決出来るレベルである。凍結防止剤と砂を持たせた20名ほどの要員と、警察に要請し交通整理担当を集中投入してやればOK。今回何の対応もしていない。首都高曰く「すぐ現場に向かわせたが渋滞で辿り着けなかった」。これには驚くしかない。現場まで距離あるなら解る。されど今回の場所は都会のド真ん中。一般道から簡単にアクセス可能だ。

10時間も動けなくなれば、トイレだって必要。トイレまで行ってる間に動いたらと思えば、クルマから離れるのも難しい。今回トンネルの中だったため汚染された空気で気持ち悪くなる人だっていたそうな。もし電気自動車が混ざっていたら、メインキーをオフにして待機するしかなく、暖房の類いは入れられない。加えて何のアナウンスも無かったという。頻繁に状況を伝えるくらいのことは出来ただろう。

現在の首都高の宮田年耕という社長は国交省からの天下り。首都高のような組織なら柔軟かつサービス精神をしっかり身につけている民間企業の出身者にすべきだと思う。次の雪でこのような不手際が起きたら損害を受けた企業は首都高を訴えるくらいのことをしたらいい。ちなみに今回スタックしたトレーラーはチェーンを着装していた。それでも登れない坂を封鎖しなかったのが最大の原因である。