トロロッソホンダ、今のところ明るい情報ばかり!

ホンダが来期から組むトロロッソは、レッドブルの兄弟チームながら予算も規模も大幅にコンパクト。そんなことから「トロロッソと組んでもあまり期待出来ないだろう」みたいな意見が出ている。おそらく、そういった状況を1番認識しているのはトロロッソとレッドブル。早くも新しい動きが出てきたようだ。

何と! トロロッソの来シーズン用シャシの開発にあたり、レッドブルがアドバイザーになっているという。いや、もう少し正確に書けば、今シーズンはルノーエンジンを使いながらも優勝しているレッドブルのマル秘技術をキッチリ投入してくる可能性大。だとすればマクラーレンよりずっと高いポテンシャルを持てる。

おそらくレッドブルとしては、トロロッソでパワーユニットをキッチリと育て、2019年シーズンはレッドブルもホンダで勝負しようということなんだと思う。「間に合うのか?」と言われていたトロロッソ用の駆動系も、レッドブルが出てくれば大きな問題無し。もちろん開発に着手しており、間に合うメドが付いているそうな。

来シーズンのホンダF1、今のところポジティブなニュースばかり入ってくる。もちろん日本側(さくら)の体制強化も必要ながら、研究所側の担当は嫌われるほど勝った第2期でエンジン開発を担当していた浅木氏。戦い方や開発スピード感覚は誰よりも知っていると思う。オールホンダで戦う体制を作れたら、面白いことになりそうだ。