ホンダF1、総責任者制に問題ありと取りやめ。長谷川氏退任へ

ホンダは来期からトロロッソと組むにあたり、社内体制も変更すると発表した。これまで「総責任者」というポジションを置き、F1開発の全権を持たせていたが、残念ながら成功せず。むしろ長谷川総責任者の前任者は3年に渡る大スランプの要因を作ることになってしまう。引き継いだ長谷川氏も結果を残すことは出来なかった。

こうなると「ホンダの社風と合っていない制度」という判断も当然の流れだと思う。新体制は開発部門である『SAKURA』担当の浅木泰昭執行役員が指揮を取り、現場は『テクニカルディレクター』というポジションを新設するという。総責任者を置くと、権限が集中しすぎて柔軟性に問題出ると言うことらしい。

つまりF1以外の部門のアイデアや新しい技術を入れようとしても、総責任者がガンコならいかんともしがたいということ。開発速度の遅さや、効率の悪さも決定的な弱点になっていた。新体制は研究所の意を汲む浅木執行役員の裁量により、ホンダの”武器”である『ワイガヤ』(本田宗一郎さんの時代から続く自由闊達な意見交換)など活用する?

現在の最悪の状況を考えると、全ホンダで取り組むべき。「俺がやってることに口を出すな!」という総責任者制は、実力を引き出せなかった。日本の持ち味を出すなら一人の天才が引っ張るより、ワイガヤで知恵を出し合い「チームワークで前に進む」ということだろう。

画像

もう一つ大切なことがある。ホンダはF1の他に『WTCC』という世界選手権で、参戦2年目のボルボにシリーズタイトルもドライバーズタイトルも獲られた。機会あり『シアンレーシング』というボルボのワークスチームのファクトリーに行ったのだけれど、対応に驚く。とにかく明るく前向きなのだ。

画像

代表自ら冗談交じりでメディアのファクトリーツアーをアテンドし、開発現場を見せ質問にも気持ちよく答えてくれた。驚いたのはホンダの研究所が目玉を三角にして開発していたエンジン(GREと呼ばれるWRCなどにも使われる1600ccの4気筒直噴ターボ)の開発規模。高性能シャシダイナモこそあるとはいえ超コンパクト。

画像

聞けば市販エンジンのポテンシャルが高く、シリンダーブロックやヘッド、多くの部品を共通しているのだという。市販エンジンの開発部門とも交流があるということだ。市販車用のエンジンの性能の高さをアピール出来るため、レースと市販車とのシナジー効果も期待出来るため、開発と販売とレース部門全てプラスに働く。

ホンダの新しいF1参戦体制は社内の変革も狙ったと思う。暗く苦虫をかみつぶしたような顔はモータースポーツに似合わない。そもそも好きなことをやっている。シーアンレーシングの代表のような笑顔がホンダに出てくれば結果も付いてくることだろう。