ホンダF1やっと上向き! ブラジルGPで予選7位! なぜ?

2017年シーズンも最後になり、やっとホンダF1が上向きになってきた。何とブラジルGPでアロンソが予選7位! しかもポールポジションのマクラーレン・メルセデスから1,295秒しか遅くなかった。レッドブルとは互角。予選7位なら十分表彰台に届く。久し振りにレースが楽しみである。

1/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG) 1:08.322

2/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1:08.360

3/キミ・ライコネン(フェラーリ) 1:08.538

4/マックス・フェルスタッペン(レッドブル) 1:08.925

5/ダニエル・リカルド(レッドブル) 1:09.330

6/セルジオ・ペレス(フォース・インディア) 1:09.598

7/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン) 1:09.617

8/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) 1:09.703

9/カルロス・サインツ(ルノー) 1:09.805

10/フェリペ・マッサ(ウィリアムズ) 1:09.841

なぜか? 大きな理由の一つが、全てのパワーユニットでオイルの燃焼を止めたこと。ホンダF1が上向きになったのも、オイル燃焼システムを取り入れてからだ。メルセデスの”発明”と言われる「オイルを燃やしてパワーアップする技術」は夏前から問題になり、全てのパワーユニットが使うようになる。

とはいえ「好ましく無い技術」ということになり、禁止。結果として上位チームはオイル燃焼分のアドバンテージが無くなった。今や純粋に「ガソリンだけ燃焼しているパワー」である。加えてホンダも細かいブラッシュアップをたくさん取り入れており、着実にパフォーマンスを高めてきた。

関係者に聞くと「メディアで無気力試合だ、などという厳しい記事が出ると現場には大きなプレッシャー掛かります。でも無視されるよりずっと良い。結果、シーズン終盤になっても全力で改良を加えています。残り2戦ですが、大きい変更こそしませんけれど来シーズンのため精一杯頑張ります」。

参考までに書いておくと、ホンダジェットの技術は最後まで間に合わなかったようだ。ただ精度や信頼性の確保という点で大きな刺激やヒントになっており、終盤の善戦に繋がっているという。ホンダジェットの技術が本格的に取り入れられるのは来シーズンからになる模様。残る2戦の戦いに注目したい。