ホンダF1、来シーズンはトロロッソと! 発表まで秒読み

来シーズン、ホンダはトロロッソと組んでF1に参戦することが大筋で決まった模様。現在、お金の動きや契約内容について最終的な交渉を行っているようだけれど、大きな番狂わせはないと考えていいだろう。マクラーレンとホンダの関係は、ついに修復できなかった。どういった「別れ話」になるか、大いに興味深い。

ホンダとしてもバッシングされながらマクラーレンにくっついているより、心機一転トロロッソとやり直した方がいいという判断なんだろう。賢明だと思う。ちなみにトロロッソはパワーユニットに恵まれず、ここ数年、ルノーとフェラーリをいったりきたり。昨シーズンと今シーズンなど、ギリギリまで決まらなかったほど。

となると気になるのがホンダのパフォーマンス。こちらもいくつかの課題を抱えていることが判明した。以前「ホンダジェットの技術を導入」と紹介し、ハンガリーから一部採用されているとレポートしたけれど、まだ間に合っていないという(スペック4から新世代になるようだ)。

驚いたことにホンダジェットの技術をF1に流用しようという動きになった後、さくらのF1チームは「有効性を証明してからにしたい」と先延ばしにしたという。意地もあるのだろう。さくらで開発した最新スペックを導入したのがベルギーとイタリアで壊れたパワーユニットである。これで社内は再び動き出した。

何より怒っているのがOBの皆さん。相当なプレッシャーを受けていることは想像に難くない。加えてホンダ社内には「今の体制もダメ!」という空気が流れ始めているらしく、すでに長谷川プロジェクトリーダーはイギリス常駐になっている。そしてF1チームに少なからぬ規模の技術者が加わった模様。

アロンソは戦力外濃厚に!

いずれにしろホンダ社内でF1に対する「真剣度」は急速に強くなっている。「対応が遅い!」という声がOBから出ており、今シーズン中にトンネルの出口をハッキリ見せなければ、抜本的な体制の変更もありうるだろう。ちなみにホンダジェットの技術は有効だと判明。遅くとも日本GPには投入されるようだ。