トランプ大統領の言う通り日本側は自動車の輸入障壁を無くすべきだ

トランプ大統領が「日本は自動車に対し輸入障壁を設けている」と主張していることに対し、日本政府は「関税ゼロ。安全基準は米国の方が厳しい。環境基準も厳しい。輸入障壁など無い」と言っているけれど、現実が全く解っていないと思う。アメリカからクルマを持ってきてナンバー取ろうとすると、大変な作業である。

例えば排気ガス。アメリカ基準が日本より厳しいのなら、アメリカ仕様に関しては排気ガス試験など不用のハズだ。本来なら工場から出荷された証明書あればナンバー取れるし、書類のある中古車も名義変更や車検継続が可能。なのにアメリカからクルマを輸入した場合、国交省は「排気ガス規制は通っていない」と判断する。

つまり日本側で再計測しなければならないのだった。これには数十万円の費用が掛かってしまうため、簡単に持ってくることなどできない。車体に関しても、安全基準が同じであれば本来ならヘッドライトさえ左側通行用に交換するだけで良い。けれどヘッドライトに留まらず、車検場で様々な注文を付けられることになる。

正規輸入車であっても同じ。キーレスエントリー一つ取ったって「周波数帯が違うからダメ」と全交換を強いられる。今や盗難防止機能とセットになっているスマートキーは、気軽に交換できるシステムではない。しかも他に全く影響与えないほど微弱なのに、だ。電波法に合わせるだけで1台あたり10万円以上掛かるというのだから立派で高い障壁だと思う。

極端な話、旅行の帰りにでもアメリカのディーラーでクルマを買ったら、港まで持って行って船に乗せて貰い、日本でヘッドライトなど交換するだけで車検が取れるような状況で無いと輸入障壁無しとは言えない。キャンピングカーやカッコ良いピックアップトラックなど、魅力的なクルマはたくさんある。

ここまで読んで「日本はアメリカでクルマを売るときにアメリカの法規を守らされる」と思う人もいるだろう。人の国で商売をしようとしたら当然のこと。加えて貿易は収支トントンというのが原則だ。アメリカが「不公平だ。是正して欲しい」というなら、日本側の障壁は無くすべきだ。それでも売れないのなら仕方ない。