テスラ、自動運転中トラックの側面に衝突しドライバーは死亡

「やはり」というか「ある意味当然」と言うか難しいところながら、テスラで自動運転中、前方を左折中のトラックを全く認識せずノーブレーキで突っ込み、ドライバーが亡くなるという事故が発生した。テスラはハンドルを全く操作しないでもよいという高速道路なら”ほぼ”自動運転のプログラムを昨年10月に採用したばかり。何度か「テスラの自動運転は信頼面で疑問」と書いてきたが、危惧した通りになった。

テスラ、アメリカで欠陥隠しの報道

今回の事故の状況だけれど、テスラの発表によれば「後方の空が明るい上、大型トレーラーのボディに光が反射しておりドライバーも自動運転機能も認識しなかった」。このコメントは全く納得出来ない。テスラの場合、前方の障害物は電波を使ったミリ波レーダーと、単眼カメラという二つのセンサーで認知している。ミリ波レーダーは電波のため、光に影響されない。というか、そこがミリ波レーダーの特徴だ。

テスラ自動運転開始のアナウンス

単眼カメラは前方の大型トレーラーを確認出来なかった可能性あるものの、その場合、本来なら見えているハズの車線は光の反射により判別出来なかったと思う。先日もボルボが採用した「半自動運転」を紹介したけれど、普通の自動車メーカーなら、車線を判別出来なかった時点でドライバーに対し警告与え、自動運転をキャンセルする制御を入れることだろう。テスラは見えない状態なのにアクセルを戻さなかった?

ボルボの半自動運転を試す

もっと言えば、バックアップ機能を持たず一つのミリ波レーダーと一つのカメラだけで自動運転のシステムを構築すること自体、既存の自動車メーカーでは「信頼性を確保出来ない」という観点から100%容認されない。このあたりも「安全性に対する概念が自動車業界と少しばかり違う」ということを何度か書いてきた。テスラの自動運転の制御そのものも、大きな問題を抱えている。

上の動画はテスラの自動運転で危機一髪のシーン。自動運転中、突如ハンドルを対向車線側に切った。対向車が通過した直後だったら事なきを得たが、2秒早かったら正面衝突していた。

ここにきて世論は自動運転歓迎の方向だけれど(ボルボの記事を御覧頂ければ解る通り自動車メーカーは慎重)、やはり命に関わる問題。今回は大型トレーラーだったため被害者側は無事だったが、軽自動車に乗っていて自動運転のクルマに突っ込まれたら納得出来まい。もう少し慎重に進めるべきだと考える。