事故を起こしたハイブリッド車は漏電の危険性あるから救助は専門家に任せよ?

ここにきて「事故に遭ったハイブリッド車や電気自動車は感電の危険があるから専門知識を持つ人以外触らないように」という情報が流れている。これが本当なら、交通事故に遭ったり、他のクルマから火が移ってきたり、水没の可能性あるような時でもハイブリッド車から乗員を救出することなど出来ない。人命に関わることなので本来なら自動車メーカーが周知徹底させなければならない。

なぜこういった情報になったのか探ってみたら、どうやら『自動車事故対策機構』という国交省の外郭団体でそういったキャンペーンを行い始めたらしい。確かに感電すれば生命の危険あるほど高電圧のバッテリーを搭載するハイブリッド車や電気自動車は、危ない雰囲気を漂わせているように思う。ハイブリッド車や電気自動車は危険なのだろうか?

ハイブリッド車はすでに少なからぬ事故例がある。例えば東日本大地震。この地震で大量のハイブリッド車が流された。海水に電気を流せば最も危険。電池が発熱することだって可能性としてはありうること。しかし津波に流されたハイブリッド車は、激しく変形した車両であっても漏電した例は皆無だった。

茨城の水害の際、あるメディアが「水没したハイブリッド車は危険」という記事を出し、広まった。この時も少なからぬハイブリッド車が水没したものの、漏電例無し。すでに世界中で800万台を超えるハイブリッド車が走り、事故を起こしているのに、やはり感電や漏電の類い無し。こうなると「なぜ漏電しないのか?」と思うかもしれない。

これは簡単。自動車メーカーがハイブリッド車や電気自動車を開発する際、普通のガソリン車より過激な条件で衝突テストなど行い安全を確認しているからだ。そもそも電池には敏感かつ確実に稼働するブレーカーが付いており、大きな衝撃を受けたり過剰な電源流れたのを感知した瞬間に遮断する。電池本体はクギを貫通させても発火&漏電しない。といった意味ではガソリンより圧倒的に安全だ。

自動車事故対策機構が打ち出した事故時の指針は、1)専門家の到着まで近づくな。2)残っている電力を全て抜いてから救助しろ、という荒唐無稽な内容。これだと救急車が到着しても助けられない。ガソリン車で言えば「爆発するから近づくな。ガソリンを全て抜いてから救助しろ」と全く同じこと。

もう少し常識的かつ今までの実績を考慮した事故対応方法を考えるべきだ。そもそも自動車事故対策機能は、過度なくらいの安全基準を定め自動車メーカーに要求した国交省の努力を踏みにじっている。このままでは日本の自動車産業を支えているハイブリッド車や電気自動車に安心して乗れなくなってしまう。