VWがアメリカで行った排気ガス規制偽装の詳細

最新情報はコチラでどうぞ

VWがアメリカで排気ガス規制の不正を行っていたというニュース、詳細な内容は報道されていないためアウトラインを紹介しておきたい。ディーゼルの排気ガス中に存在する成分で「対策が難しい」とされるのは『PM』(例えば黒煙)と呼ばれる微粒子と『NOx』なる窒素酸化物である。PMがスモッグの原因で、NOxは光化学スモッグをもたらす。

ディーゼルエンジンはこの2つの排出を減らすことが技術的に難しい。簡単に説明すると、PMはフィルターで集塵し、ある程度溜まったら燃焼して燃やす。NOxは尿素水を吹いて還元するか、NOx触媒という極めて技術的に難しい特殊な触媒を使って還元するかの二択となる。技術に自信の無いメーカーは尿素水を使う。

日本で走っている大型トラックは尿素水を使うし、ベンツやトヨタなどもSUV用のNOx対策に尿素水を使用する。そんな中、VWは技術的に難しい触媒を使ったタイプを開発し、アメリカ市場で販売した。これが上手く機能していなかったようだ。政府の試験を受ける時だけNOxを出さないようなプログラムに切り替えるという。

アメリカでの報道によればNOxを最大で基準値(走行1kmあたり0,44g)の40倍出すという。カルフォルニア州のNOx規制値は極めて厳しいものの、40倍と言えば触媒なしのディーゼルでも出ない数字。参考までに書いておくと20年前の、ほぼ野放し状態の日本のディーゼルで走行1kmあたり0,5gだった。最新のアメリカの規制値の10倍だ。

40倍というのは考えにくい数字である。また、NOxの大半は一酸化窒素なので臭わず、PMとも関係無いため、ロサンゼルスのような特殊な地形(三方を山で囲まれ日射が強く光化学スモッグが発生しやすい)を除き大気汚染に与える影響という意味だと大きくないと考える。実害はないけれど「偽装」という行為がアウトだ。

注・かつての東京や現在の中国の光化学スモッグは自動車よりはるかに多い工場や火力発電所などからのNOx排出が大きな原因になっている。

ちなみにVWジャパンはこの件、ほとんど情報を持っていない。VWジャパンは日本でVWを販売するディーラーであり、しかも日本でディーゼルを販売しておらず。間もなく日本でもディーゼルを導入する予定ながら、アメリカ仕様でなくヨーロッパ仕様がベースになるため、物理的な影響はほとんど無いと考えてよかろう。

ただVWが失った信頼は少なくない。会社ぐるみでやったことなら、さらに事態は深刻である。どうしてこんなことになったのかを含め(責任者の処分は当然のこと)、徹底的な原因究明が待たれる。さらに詳細分かったらレポートします。