ル・マン予選終了。日産、予想以上に速いと評判

ル・マン24時間レースの予選が終了した。結果は下馬評通りポルシェが圧倒的な速さを見せ1~3位を奪取。続いて同じVWグループのアウディで4~6位。速さ不足と言われてきたトヨタ7~8位という状況。耐久レースなので予選=レース成績ということにはならないものの、やはり速ければ圧倒的に有利だ。

そんな中、15年ぶりにカムバックしてきた日産が注目されている。4WD車全盛の中、誰でも不利と解っているFFでチャレンジしていることを、長い間ル・マンを見てきたヨーロッパのファンも興味津々で見ているようだ。「掴みはOK!」といった雰囲気。やはりレースに出るなら注目されないと意味ない。

しかも「全然ダメらしい」という下馬評を覆し、1位のポルシェから20秒しか遅れていない。もちろん優勝に絡むことなど不可能ながら、レース関係者は口を揃えて「予想していたより全然速かった」。ちなみに昨年のシリーズチャンピオンであるトヨタもポルシェに7秒引き離されている。

もっと言えば皆さん『LMP2』という下のクラスより遅いと考えていたようだ。15年ぶりにル・マン24に戻ってきたことも含めて評価すれば、やはりビックリということになるのだろう。レースは土曜日の22時スタート。Jスポーツ3で生中継を行う。

1  ポルシェ919ハイブリッド  3'16''887

2  ポルシェ919ハイブリッド  3'17''767

3  ポルシェ919ハイブリッド  3'18''862

4  アウディR18        3'19''866

5  アウディR18        3'20''561

6  アウディR18        3'20''997

7  トヨタTS040ハイブリッド  3'23''543

8  トヨタTS040ハイブリッド  3'23''767

9  レベリオンR-One・AER   3'26''874

10  レベリオンR-One・AER  3'28''930

11  CLM P1/01・AER    3'36''825

12  ニッサンGT-R LMニスモ   3'36''995

13  ニッサンGT-R LMニスモ 3'37''291

14  オレカ05・ニッサン     3'38''032(LMP2クラス)

15  ニッサンGT-R LMニスモ   3'38''691