トヨタも自動ブレーキ本格普及へ向け動き出す

優れた事故防止機能を持つこともあり非常に装着率の高い自動ブレーキながら、トヨタは大幅に出遅れていた。当初、それほど大きなニーズがあると考えなかったという。しかし今や軽自動車ですら簡易型ながら(時速31km/hで機能停止する)自動ブレーキを選べる。

もちろんトヨタも一部車種に自動ブレーキ付きをオプション設定していたものの、性能的には一世代前のタイプ。高価なのに軽自動車の簡易型より停止性能が低かった。やっと本日発表のカローラアクシオ/カローラフィールダーから、新世代の自動ブレーキが選べるようになる。

出遅れただけあり、性能は及第点。本日発表されたシステムを見ると、安価なレーザーと単眼カメラを組み合わせたセンサーを装備。公式発表によれば「車速30km/hから衝突回避出来る可能性を持つ」となっているが、先行試作車でテストしたら40km/hで停止出来た。

価格は5万4千円。10km/h以下で機能停止したり歩行者を感知できないなど最先端の性能こそ持っていないけれど、十分な事故抑制能力を持つ。今後、任意保険の割引も始まることだろう。実際、ヨーロッパでは自動ブレーキ付きのクルマの事故率が低い。エアバッグより確実に事故被害額は減少する。

5万4千円なら保険料が安くなる分でカバー出来るだろうし、そもそも事故防止効果を持つことを考えるとプライスレス。トヨタの本格参入により自動ブレーキは一気に普及していくと思われる。

参考までに書いておくと、安価なレーザー+単眼カメラのシステムはカローラ級以下の車種に採用だという。プリウスより上級の車種はレーダー+単眼を使った高機能型になり、このタイプだと歩行者検知機能と、自動ブレーキ停止性能が10km/h高くなる(価格は10万円高程度か?)。

クルマを乗り換えるなら、ぜひ自動ブレーキを検討して頂きたい。