意識障害による事故は多発している

TVを見ていたら睡眠時無呼吸症候群による眠気で21回も物損事故を起こしたという人が平気な顔をして登場していた。死ぬほど驚きましたね。先日、薬物やてんかん、低血糖、そして重い睡眠障害持っている人が事故を起こした時の罰則を厳しくするという要項を法相に提出。決まる方向で動いているけれど、事故抑止効果は疑問。

無呼吸症候群の場合、疾病かどうかの「ボーダー」が難しい。その他の疾病と違い、単なる眠気との判別を付けにくいからだ。現状だと21回も事故を起こした人だって普通に運転している。また、居眠り運転の原因の多くを占めていると言われているけれど、実態は全く解っていない。警察がキチンと捜査や検証をしてないためです。

さて。日本の安全基準はEU(ヨーロッパ)に合わせる、という流れになってきた。EUの安全基準をクリアしていれば日本でもそのまま認めましょう、ということ。そのEU、2016年から対歩行者自動ブレーキを評価項目に加える。日本も「右に倣え!」となるワケ。3年をメドにイヤでも自動ブレーキを付けなくちゃならない。良い方向に向かうことは確実。

問題はその間だ。既往症や、怪しいと感じている人や、そういった人を家族に持つなら、すぐにでもアイサイトやボルボのセーフティパッケージ付きに乗り換えるよう推奨しておく。なかでもボルボV40の歩行者用エアバッグは、最悪の事態になっても、相当の効能が期待できる。本質論を書けば、専門医に行って相談すべき。

無呼吸症候群の人は少なくない。もし一瞬でも意識を失ったと感じたなら、必ず次がある。事故を起こしてしまえば今までのキャリアも台無し。というか全く落ち度の無い他人に迷惑を掛けてしまう。繰り返す。無呼吸症候群で死亡事故を起こしたら、最高15年の懲役になる。これは平均的な殺人と同じだ。そのくらい社会の目は厳しい。