京都祇園で7人の死者を出した暴走事故の原因をやっと特定?

昨年4月に京都の祇園で軽商用車が暴走。7人死亡となった事故は、やっと「意識がもうろうとしたまま運転した」ということで書類送検した。当時、警察は運転手の暴走運転にしたかったのだろう。メディアに対し間違った情報ばかり流した。判断能力の無いメディアは警察の発表を鵜呑みにするばかり。

当時の状況

されど事故の状況を考えれば、現場を一度も見ていない私ですら(事故時の動画は見た)、故意じゃ無いこと明白。どう考えたって意識障害による事故だ。現場に行き、情報を入手している警察やメディアが正しい結論を全く出せなかったことは不思議でならない。意図的だったのか、それとも天然なのか?

昨年のTOPで「問題はてんかんの人だけでは無い」と書いた。糖尿病の低血糖も全く同じレベルの危険性を持つ。低血糖になったドライバーが2009年に暴走。17歳の高校生を死亡させ、逃走するという事故があった。なんど刑事事件としては無罪になっている。意識なかったから仕方ない、だって。

ひき逃げなのに無罪!

このドライバー、過去に同じ状況で何度か事故を起こしている。自覚も反省もしてなかったようだ。その時点で対応すればよかったのに放置。結果、17歳の将来ある若者の命を奪った。収まらなかった御家族は民事訴訟を起こす。家族からすれば誰も悪くなかったのに大切な子供を失ったことになります。

この件、東京地裁は3月7日にドライバーの過失を認定し、6700万円の支払いを命じる判決を出した。ここまで読んで私の言いたいことは解って頂けることだろう。国も意識障害による痛ましい事故の防止策を講じるべきだ。少なくとも低血糖障害の事故についていえば、何も対策をしていない状態。

いや、罰則の強化で済ませようとしている。根性論じゃ事故は減らない。速やかに事故防止装置使用を免許の条件にすべきだ。スバルやボルボのような「人も感知してブレーキを掛ける」タイプの自動ブレーキ装置を、なぜ認めないのだろう? もしかしたら「完全に事故を防げないから」と思っている?