テレビに挿すだけでネットが見られるGoogle「クロムキャスト」がもたらすもの

GoogleTVのリベンジ商品「クロムキャスト」

先週、Googleはテレビでネットが見られるChromecast(クロムキャスト)という小さなハードウェアを発表しました。

https://plus.google.com/+JeffJarvis/
https://plus.google.com/+JeffJarvis/

USBスティックのような形をしたクロムキャストは、テレビのHDMIポートに差し込むだけ。見たいコンテンツをモバイルアプリで選べばWi-Fi経由でテレビに映すことができます。(日本での発売は未定)

これによって、これまで一人で見ていたネットコンテンツを家族や友達とリビングルームで一緒に見たり、お気に入りのYouTube動画を大画面で楽しめるようになるというわけです。

米Google、新型「Nexus 7」、Android 4.3、Chromecastの3製品を発表

グーグルの「クロームキャスト」、35ドルで発売―TVでのネット動画視聴可能に

グーグルTV、3度目の正直 低価格装置で普及狙う

2010年のGoogleTV発売以来、テレビ業界への食い込みを狙ってきたGoogleですが、なかなかうまくいかず次のNexusQも不発に終わっています。

しかし今回発売されたクロムキャストは35ドル(3,500円)という手軽な価格に加えて「テレビの端子に挿すだけ」という簡単操作が売り。Googleとしてはこれを一気に普及させ、まずは「ネットを自宅のテレビで見る」という新しい視聴スタイルを作ってしまうのが狙いでしょう。

視聴場所がお茶の間にも広がれば、YouTubeの視聴時間はますます伸びると思われますが、一方で課題も見えます。

スマホの普及により、今や誰でも簡単に動画コンテンツをアップできるようになりました。手軽な反面、視聴に耐えられないジャンク動画が激増しています。テレビ番組を見慣れた視聴者からはノイズとなり、ネット動画自体が嫌われてしまうことにもなりかねません。

しかし逆に言えば、クオリティの高い動画を作れる人にとっては、文字通り「自分のテレビ番組」を持てるチャンス到来なのです。

影響力を持ちはじめたYouTubeクリエイター

実際、日本でもこのところ人気テレビ番組ホスト並の影響力を持つ「YouTubeクリエイター」が増えています。

主流はカメラに向かって話すセルフ撮影の「ビデオブログ」形式。

コメディ、ガジェットやコンビニ食品のレビュー、ニュース解説、料理、メイクなどクリエイターによってテーマは様々ですが、台本、撮影、編集、アップまですべて自分で行うため作業量は多く、トップクラスでは専業者も多くいます。

たとえば、商品レビューを得意とするクリエイター瀬戸弘司氏は、パーソナリティを強く打ち出し、凝った編集や効果音によってエンタメ性の高い作品を週に数本配信して人気を博しています。

独特なスタイルの瀬戸氏の商品レビュー動画。

最近では一日700~800人ペースでチャンネル登録者が増加し、まもなく20万人。瀬戸氏が新しい動画をアップすると、20万人にフィードが流れるため、再生回数はあっという間に万を超します。

コミュニティ化で安定的な視聴者を確保

さらに、ソーシャルならではの「双方向性」もテレビにはないYouTubeの強みです。

瀬戸氏のような人気クリエイターの動画には1本につき200~300のコメントがつきます。ネガティブコメントもありますが、ほとんどが熱烈なファンからの応援コメントや質問。それに対してクリエイターはできる限りコメントを返したり、オフ会などを開催する人もいます。

YouTube上にクリエイターを中心としたソーシャルコミュニティがいくつも出来上がっているのです。

YouTubeのチャンネル登録者と、その他のソーシャルメディアのフォロワーとの大きな違いは、圧倒的にエンゲージメントが高いこと。TwitterやFacebookの比ではないことが、コメントから十分に読み取れます。

人気クリエイターによってレビューされた商品がどれぐらい購入されるのか、データはありませんが、一般のアフィリエイトと比べて圧倒的に高いことが予想されます。

ちなみにクリエイターの収入ですが、30万強のチャンネル登録者がいるトップクリエイターMegwin(メグウィン)氏が雑誌「アスキークラウド」で語ったところによれば、YouTubeの広告収入が全体の半分で、多いときで月間100万ほど。残り半分はDVDやグッズの売上、企業とのタイアップだそうです。

YouTubeとパートナー契約を結ぶクリエイターは昨年(2012年)だけで3倍になったとのことですが、今年は、メグウィン氏、HIKAKIN氏といったトップクリエイターが相次いでYouTube本を出版したことあり、裾野が広がって行くことが予想されます。

YouTubeの企業活用の鍵?「MCN」が日本でもスタート

勢いに乗るYouTubeは広告出稿先としても魅力がありますが、それ以外で企業が活用するにはどうしたらいいのでしょうか。

ほかのソーシャルメディア以上にパーソナリティが求められ、「企業よりも個人が強い」YouTube。それだけに企業アカウントのチャンネル登録のハードルは高く、よほど面白いコンテンツを定期配信しない限り、ブランドがあってもファン獲得に苦戦している企業が多いのが現状です。

そこで、前述のような人気クリエイターとのコラボレーションというのも一つの方法でしょう。

アメリカではすでに、クリエイターとビジネスをつなげる動きとして、クリエイターのタレント事務所的な役割を担うMCN(マルチチャンネルネットワーク)というビジネスモデルが定着していますが、今月、そのMCNが日本でもスタートしました。

現在3社が運営、もしくは運営準備をしており、先行するクリークアンドリバー社は3年後に10億円の事業規模を目指していると発表しています。

http://www.cri.co.jp/news/press_release/2013/20130703000618.html

ネット動画の巨大プラットフォームYouTube。

そこで自分の番組を作っていくクリエイターたち。

ここに小さなハードウェア「クロムキャスト」が加わったことで、ネットとテレビの融合はどう進んで行くのか、あるいは進んで行かないのか、今後が楽しみです。

クリエイターの可能性に魅せられ、実は私も最近、ビデオブログを始めました。

ソーシャルメディア活用のTipsや書評などを配信して行く予定なので、よろしければチャンネル登録お願いします。

熊坂仁美チャンネル