日経平均と大企業製材業DIは方向性が重なることが多い。その意味では当面の日経平均株価は引き続きダウントレンドの可能性が高いとみられる。