今回の判断は格付けに基づく正式な判断ではないが、コメントの形で事実上のデフォルトを認定した格好になった。ロシア国債の格付けは、同国がウクライナに侵攻する2月24日までは投資適格級となっていた