国債が金融商品だからといっても、いや金融商品だからこそ、その信認が崩れれば、いくら日銀が買い支えをしようとも国債の暴落は避けられないことも確かである。