原油価格の動向については関心も高いとみられ、円建てで取引できる上、指数先物であり現金決済型のため現物の受渡しリスクがない。このため、個人を含めてむしろ参入しやすいデリバティブ商品ではないかと思われる。