前回、FRBがテーパリングを示唆して市場を動揺させたいわゆるバーナンキショックが起きた2013年には当時のバーナンキ議長はショック後となるジャクソンホールで開催されるシンポジウムを欠席した。