米国で上場した中国企業のなかで、DiDiが調達できた44億ドルは過去2番目の規模となっていた。しかし上場後、わずか2日間で中国国内の取り締まり対象会社になってしまったのである。