注意すべきは2013年以上に市場が過熱してしまっている点である。その分、調整幅が大きくなる可能性がある。歴史は繰り返される可能性も意識しておく必要はあるのかもしれない。