FRB次第の面はあるが、米長期金利に再び上昇圧力が強まることも想定される。今回もたまたまそうなった面はあるものの、日本の長期金利はゼロ%近くで低下後、跳ね返されることも予想される。