いずれにしても経済の正常化を睨み、少なくともテーパリングについては早ければ年内にも開始される可能性はある。それをFRBは市場に織り込みさせようと動いているように思われる。