欧米の消費者物価指数を見る限り、日本の国内企業物価指数のこれだけの上昇幅に違和感はなかろう。しかし、消費者物価指数には違和感が残る。